コラム

 公開日: 2013-05-16 

相続税のお話し 2 基礎控除額の改正

平成27年1月1日以後に開始することになる相続については、課税価格の総額から控除される相続税の基礎控除額は、それまでより4割少なくなります。
すなわち、現在の基礎控除額は、5000万円+に相続人の数×1000万円ですが、平成27年1月1日以降に開始する相続では、3000万円+相続人の数×600万円になるのです。

 その結果、例えば、夫が亡くなり、妻と子3人が相続人であるケースでは、
⑴ 夫が平成26年12月31日までに亡くなれば、各相続人が、遺産分割や遺言書で、取得する財産の合計額である「課税価格の総額」が、9000万円までなら、相続税は1円もかからないのに、
⑵ 夫が平成27年1月1日以後亡くなれば、5400万円を超えると相続税がかかることになります。

このように、今次の相続税法の改正により、相続税を納付する人は増えることになります。その数は、現在の4万人から6万人になると言われています。

相続税の申告は、結構、難しいものがあり、一般の方は、多く、税理士さんに、申告業務を委任していると思えますが、平成27年以降は、税理士さんが多忙になるだろうと思います。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
仮眠時間と労働時間性② 判例法理

最高裁平成24年2月28日判決2 法律判断(1)上告人らの職務は,もともと仮眠時間中も,必要に応じて,突発...

[ 労働 ]

仮眠時間と労働時間性① 前提となる事実関係

最高裁平成24年2月28日判決を紹介いたします。1 事実関係(1)当時者の立場使用者(被上告人)=不動産...

[ 労働 ]

従業員のエックス線検査受診義務違反に懲戒処分を科した判例

Q 当社で雇用した従業員のことで相談ですが、健康診断をしようとしたところ拒否されました。理由は、エックス線...

[ 労働 ]

遺言法理 遺言者は、もっと遺言執行者を活用すべし

遺言執行者は、遺言者に代わって、遺言書の実現に尽くす者ですから、遺言者は、ただ、「相続させる」と書いただけ...

[ 相続判例法理 ]

財産分与と不動産取得税

離婚による財産分与として不動産を取得した場合でも、不動産取得税はかかるのですか?かかる場合は、どのくらい...

[ 民法と税法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ