コラム

 公開日: 2013-02-08 

建築 12 クレームにより建築できない事態が予想できるときの説明義務

1契約前の調査・解明・告知義務
大津地裁平成8.10.15判決は、
建設業を専門に営むものは、一般消費者を注文者として建物建築請負契約を締結する場合には、契約交渉の段階において、相手方が意思決定をするにつき重要な意義をもつ事実について、適切な調査、解明、告知・説明義務を負う、と判示し、次の事実関係の下では、義務違反があるとして損害賠償の支払を命じました。

2 事実経過
⑴ 団地の住人であった甲は、その住居を建築してくれた乙社の担当者に、両親と同居するため、①建て替え、②買換え、③増築の三案を検討することを依頼した。
⑵ それを受けて、乙社担当者は、①の建て替え案を提示した。
⑶ この当時、甲、乙社とも、同団地には、建物を建築する場合、隣地との境界より1.5m控えなければならないという建築協定のあることを知っていた。
⑷ 乙社が提示した建て替え案は、隣家との境界線から1.43m離れただけであったので、建築協定に違反するものであったが、甲と乙社とは、その案どおりの建て替え計画を実行に移すことにし、建築請負契約を締結し、旧建物を取り壊し、地鎮祭をしたところ、隣家の丙から乙社に対し、新建物の配置は丙との敷地の境界に寄りすぎており、建築協定に違反するので、配置を変更してほしいとの申入れを受けた。
⑸ その後、甲は丙と話し合いを進めたが、丙は、建築協定の遵守を求め、話し合いは決裂した。
⑹ その後、甲は、乙社の顧問弁護士から、新建物の建築を強行すれば、建築禁止の仮処分が出されると警告を受け、当初の建て替え案は実行不可能であることを知った。
⑺ その後、乙社は、甲に対し、建て替えの代替案を出したが、甲は、乙社に対し、その案では同居する予定の両親が楽しみにしている庭が狭くなるし、高速道路からの騒音が一層入ってくるため、こんな案ではなにも旧建物を取り壊す必要はなく、増改築で足りたと不満をぶちまけて、代替プランが検討の余地のないことを伝えるとともに、本件請負契約を解除した。
2裁判所の判断
旧建物を取り壊して新建物を建築しようとする場合、建築協定によるクレームが付いたとき、工事中止の危険性があるのであるから、乙社は、専門の建築請負業者として、おそくとも旧建物の取り壊しまでの間に、協定違反による新建物の建築工事に着工した場合には工事中止になる危険性があることを、甲に、告知ないし教示すべき義務があったのに、過失によりこれを怠った。その結果、甲は、旧建物を取り壊すという損害を受けたとして、その時価相当額770万円と慰謝料200万円合計970万円の支払を、乙社に、命じました。なお、甲も、建築協定のあることは知っていましたが、過失相殺はされませんでした。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ