コラム

 公開日: 2013-01-17 

使用者のための労働問題 9 時間外勤務に対する定額手当

1 原則有効
就業規則上、時間外勤務手当を支給する代わりに、一定額の手当(名目は営業手当でも、業務手当、あるいは、職務手当でも良いが、趣旨が時間外勤務に対する定額手当であることが明確でなければならない)を支給することが定められている場合、原則として、その支払いは、時間外割増賃金の固定給の意義を有するとされています。この場合、実際に支払われた手当の額が時間外割増賃金の額を上回るときは問題はないが、下回るときは使用者は差額の支払義務があるとされています(東京地裁平成10.6.5外多数)。

2 無効になる場合
時間外勤務手当とそれ以外の賃金とが特定明示されていない場合は、時間外勤務に対する定額手当は認められません。東京地裁平成14.3.28は、「職務手当の一部が名目はともかく実質的に時間外割増賃金の趣旨で支払われたというためには,職務手当のうち時間外割増賃金の支払に相当する部分を明確に他と峻別できることが必要である」と判示しているところです。同判決は、「係長以上の「管理職」については、一定の時間外勤務に対する割増賃金に見合う部分を職務手当に含ませる意図を有していたことを一応は推認することができるが、係長以上の者に対し支払われる職務手当のうち、時間外労働に対して支払われる額及びこれに対応する時間外労働時間数は特定明示されておらず、これを時間外割増賃金の一部と扱うことはできず、係長以上の者に対する職務手当は、全額これを基礎賃金とせざるを得ない」と言っております。

3 有効になる場合と無効になる場合の大きな違い
営業手当なり職務手当なりが、時間外勤務に対する定額手当とされるときは、①その金額の範囲で、時間外勤務手当の支払義務はないことになり、また、②その手当の額は割増賃金の基礎となる賃金には含まれないことになりますが、その手当が時間外勤務に対する定額手当と認められないときは、その手当の金額を含めた賃金が基礎賃金とされた上で、時間外勤務手当を支払わなければなりません。

手当の趣旨は、明確にしていなければなりません。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ホームページ上での新著公開

相続法理に関する新著を、ホームページ上で、上梓・公開いたします。ダウンロードして、ご覧くだされば幸いです...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者とは何者か?② 単純な処分型遺言

1 処分型遺言 処分型遺言とは,遺言者が,遺言執行者に対し,遺産の処分権限を付与する遺言のことをいいます...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者とは何者か?① 判例から分かる遺言執行者の役割

1 判例から分かる遺言執行者の役割 最高裁判所平成5年1月19日判決は,遺言執行者を定める遺言書を書き,また...

[ 相続判例法理 ]

中間省略登記という言葉の誤用に注意

 最近、新・中間省略登記はできるという、という発言をしていたのを耳にしましたので、ここに中間省略登記という...

[ 不動産 ]

最小限書いておきたい遺言条項③ 共同相続人間の担保免責条項

 実は、民法911条は「各共同相続人は、他の共同相続人に対して、売主と同じく、その相続分に応じて担保の責任を負...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ