コラム

 公開日: 2013-01-12 

会社不祥事を起こさないために 5 内部通報制度の創設

⑴ 内部通報制度の必要性
2001年発覚した雪印食品の牛肉偽装事件では、白昼公然たる偽装行為をしたので、他の従業員から内部通報がなされ、本社から監査には来ましたが、この時は事件は発覚しませんでした(事件の判明は犯行場所に利用された倉庫業者からの通報による)が、内部通報と監査は必要であることに変わりはありません。
注:雪印食品の牛肉偽装事件とは、BSE問題を利用した補助金詐欺事件

⑵ 使いやすい制度にする
2008年のGYLの循環取引事件は、千葉営業所長の単独犯のようでしたが、同営業所の従業員は、早くからその違法性に気づいていた模様でした。しかし従業員は、同社の内部通報制度は通報者の所属や氏名を明らかにすることを要求していたため、後難を恐れ通報は諦めたようでした。
また、前述の三井物産データ改ざん事件は内部監査で発覚しましたが、内部通報はなく、内部監査は、データを改ざんした社員に遊興費を取引先に負担させているなど社内の噂が生じたことによるものです。
内部通法制度はあっても、使いやすくないと意味はないのです。

注:
・GYL社の循環取引事件とは、子会社の営業所元所長が循環取引をし約75億円回収不能になった事件
三井物産子会社実験データの改ざん事件とは、浄化効果のない装置を販売した3名が逮捕された詐欺事件


⑶ 内部通報制度の中味

① 通報者の保護を中心にした規定を作ること(秘密保持システムの「見える化」)

② 匿名での通報を認め、通報者の秘密保持に努めること

③ 法律事務所など社外の信頼できる機関に通報窓口を設けること

④ 内部通報による監査を実施するときは、不正を指摘された部署以外の部署も同時に調査(ダミー調査)して、通報者の存在に気づかせないようにすること

⑤ 通報者の範囲を取引先などにも拡げること(雪印食品の牛肉偽装事件の発覚は取引先の倉庫業者からの通報による)

⑥ 通報時間を、勤務時間外にも設けること(午前7時から9時までor午後6時から8時までなど)

⑦ 通報者に一切不利益を課さないことを内外に公表すること
⑧ 通報を受けたときは、監査専門の監査部が独立した監査をする組織にする。
これも、常に、PDCAサイクルに乗せて深化・発展させていくこと

注:
雪印食品の牛肉偽装事件とは、ESC問題を利用した補助金詐欺事件

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
共同保証人間の求償権の趣旨・消滅時効中断事由に関する初判例

最高裁判所平成27年11月19日判決の紹介時系列的事実関係⑴ 信用保証協会Aと主債務者会社の代表取締役Bが、銀...

[ 民法雑学 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

信用保証協会、二度目の最高裁判決

またまた、信用保証協会に不利な最高裁判決が出されました。2016-09-14付けコラムで紹介しました最高裁判所第三小...

[ 会社関係法 ]

立法論としての相続法⑬ 法制審議会で、民法1015条の字句を改めるべしとの意見出る

 現行の民法1015条は、「遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。」と規定しています。この字句から、遺言執行...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ