コラム

 公開日: 2013-01-11 

会社不祥事を起こさないために 4 内部監査体制の構築

⑴ 内部監査体制
2007年加ト吉、2008年GYL社に発覚した循環取引は、内部監査をしておれば、容易に発見できるものでした。会社が不祥事の発生を避けようと思えば、常時監査体制を敷くくらいの組織が必要です。

注:
加ト吉の循環取引事件とは、元本部長が関連会社を巻き込んだ大規模な循環取引を行い財務諸表を粉飾した事件で、損失額150億円、資産の評価減70億円と報道

GYL社の循環取引事件とは、同社子会社の営業所元所長が循環取引をし約75億円回収不能にした事件


⑵ 公認会計士の活用
2006年発覚の日興コーディアルの連結外し粉飾決算事件は、内部通報による証券取引等監視委員会による監査で発覚しましたが、専門的な知識がないとその違法性は分かり難いので、内部監査でも公認会計士が必要な場合があります。公認会計士を従業員として雇用しておくことも重要です。

注:
日興コーディアルの連結外し粉飾決算事件とは、日興孫会社とベル社を05年3月期の連結対象とせず、その一方で、ベル社の買収過程で得た株式利益の一部を決算に反映させた事件

⑶ 監査し易い環境を作ることも重要。
例えば、職場離脱制度(休暇の強制取得制度)の採用など。

⑷ 成果主義を採用している会社は、成果を挙げた従業員の成果の中味をとくに監査すること。
2002年三井物産子会社副社長のディーゼル車排ガス浄化措置実験データの改ざん事件の原因は会社の成果主義にあったとされ、この事件は、会社の内部監査で判明しましたが、当初は分からず、東京都も分からなかったため、時期が遅れ、損害額は大きくなりました。

注:
三井物産子会社実験データの改ざん事件とは、浄化効果のない装置を販売した3名が逮捕された詐欺事件

⑸ 独立した権限を付与
内部監査制度は、次の内部通報制度とリンクした、独立した(身分保障された)部署がすることが重要。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

これからの契約実務① 客観的「瑕疵」基準から主観的な「契約の内容」基準に

現在国会で審議中の民法(債権法)改正案は、契約当事者の意思が重要視されています。一例として、改正民法案562...

[ 債権法改正と契約実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ