コラム

 公開日: 2012-12-14 

相続相談 38-2 相次相続と遺産の共有持分権

Q 父凸山太郎が亡くなり、その後母凸山花子が亡くなりました。相続人は私甲と兄乙と姉丙の3名です。父には遺産がありましたので、父の遺産について私たち子供3人(甲・乙・丙)が遺産分割協議をして、父の遺産を、次のように分割して遺産分割書を作成しました。母には遺産はなかったので、遺産分割はしていません。
           遺産分割協議書(これを①の遺産分割協議書ということにします)
                被相続人  凸山太郎
甲と乙と丙は、被相続人凸山太郎の遺産を次のとおり分割する。
第1条別紙①の不動産は甲が取得する。
第2条別紙②の預貯金は乙が取得する。
第3条その余の遺産はすべて丙が取得する。
私甲は不動産を取得したので、遺産分割協議書に基づいて、法務局に、相続登記手続の申請をしたのですが、法務局から、父の遺産の1/2は母が相続しているので、父の遺産を私たちだけで分割することは出来ない、と言われて、登記手続の申請が受け付けられませんでした。こんなのあり、ですか?

A ありです。
凸山太郎が遺言書を書かないまま亡くなると、凸山太郎の遺産は、妻1/2、甲乙丙が各1/6の割合で相続しますが、これら4名が相続によって取得したのは、遺産の共有持分権になります。ですから、凸山太郎の遺産については、母が1/2の遺産の共有持分権を相続しているのです(最判平17.10.11参照)。
その後、甲乙丙の3名で遺産分割をしたのは、凸山太郎から相続した遺産の分割ですから、正確に言えば、凸山太郎の遺産の1/2の共有持分権の分割になるのです。残りの1/2の共有持分権は、母が相続しているので、母の遺産についても、遺産分割をしないと、甲は、凸山太郎の遺産のうちの不動産を単独で取得できないのです。
ですから、前記遺産分割協議では、遺産分割の目的は達成できません。

 次の遺産分割協議書なら、登記は出来ます。

遺産分割協議書(これを②の遺産分割協議書ということにします)
   被相続人 凸山太郎及び凸山花子
甲と乙と丙は、被相続人凸山太郎及び被相続人凸山花子の遺産を次のとおり分割する。
第4条別紙①の不動産は甲が取得する。
第5条別紙②の預貯金は乙が取得する。
第6条その余の遺産はすべて丙が取得する。

実は、本コラムは、最近、家庭裁判所で成立した遺産分割調書が前述①の内容で作られていために登記ができなかったという事実があったので、注意していただきたく、書いた次第です。この件は、裁判所が、②の内容に更正決定したので、無事登記はできました。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?① 法理が先で、条文は後

1 大和銀行事件判決の中で生まれた概念1995年大和銀行のニューヨーク支店の行員某が、アメリカ国債の簿外取引...

[ 会社関係法 ]

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

本日の新聞報道より

1 会社法改正試案まとまる本日の新聞には、社外取締役の義務化、株主提案権の回数の制限などが議論され...

[ 会社関係法 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合② 名誉毀損にならない要件

1 名誉毀損の成立要件これは、「公然事実を摘示し、人の名誉を毀損すること」(刑法230条)です。「公然」と...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ