コラム

 公開日: 2012-12-08 

企業経営と危機管理 14 杜撰な保守作業が大事故に発展

平成18年8月。S社製造のエレベーターが、その階に停止し、ドアが開いた。そこで、エレベーターに乗っていた1人の高校生がそこから出ようとして体の一部をかごの外に出した。そのとき、突如、エレベーターが開扉状態のまま上昇し、高校生はエレベーターと建物の天井の間に挟まれ、死亡した。このエレベーターは、それ以前からも不具合が続出していたので、当初、事故の原因はエレベーターの製造(設計を含む)の瑕疵だと思われたが、原因は、杜撰な保守作業にあったことが、後日の調査で明らかになった。すなわち、国土交通省は、調査結果、事故の原因は、エレベーターのブレーキ部分の磨耗によると報告したのである。ブレーキ部分の摩耗が原因なら、摩耗した部品の取り替えなどの保守作業ができていれば事故は起こらなかったことになるので、メーカーに責任があったとは言えないことは当然であり、刑事事件としての立件も、メーカー関係者ではなく、すべて保守作業をした業者X社の関係者であったのである。

では、保守作業のどこに問題があったのか?
ある論者は、
①エレベーターの保守の特殊性を挙げる。すなわち、エレベーターは、その頭脳とも言える制御盤の中味(ソフトウエア)、電気系統の設計図、整備マニュアル等の技術情報がメーカーに握られていること、したがって、メーカー以外の保守業者(独立系業者)には、これら技術情報が容易には手に入りがたいという特殊性である(メーカーといっても複数あり、これらの技術情報はメーカー毎に異なるので、メーカーによっては、自社で製造したエレベーターの保守管理しかしない会社もあるほどである)。
②エレベーターの保守作業は、①の技術情報を元にするので、エレベーターの所有者には、その内容を把握し難い上、エレベーターの耐用年数は、実に長く、30年以上も使用できること(今回の事故時の保守業者は1年契約であったので、極論すれば、1年間全く何の保守作業をしなくとも、事故さえ起こらなければ、保守作業をしなかったことが分からない可能性が大きかった)
③今回の保守作業を、独立系のX社にさせたこと(①②の問題が起きやすい)
④X社との保守契約の金額の安さ(以前結んでいたメーカーであるS社との契約は1年間360万円ほどであったが、独立系のX社との保守契約は120万円程度の金額で結んだこと)の上、その金額では、想定される当該エレベーターの保守費用は賄えないものであったこと(要は、手抜きをしない限り、本件保守作業は赤字になるものであったこと
を挙げる。
本件は、杜撰な保守作業がなされたことで、大事故につながったものである。
なお、国土交通省は、この事故の後、建築基準法を改正し、平成21年以降に設置するエレベーターには通常のブレーキのほか、扉が開いたままカゴが上昇・下降することを防ぐ補助ブレーキの設置を建物所有者に義務付けた。
なお、S社が製造したエレベーターについては、その後も、①平成19年5月にマンションのエレベーターのワイヤーの破断があった。②同年9月にエレベーターが上昇途中で降下し一時乗客が閉じ込められた。③同年10月に警察署のエレベーターが無人のまま最上階まで上昇し天井に衝突(その2日前の定期検査の際は異常ナシであったのに)、④平成22年11月エレベーターが開扉状態で降下し乗っていた1人が軽傷を負った、⑤平成24年10月(つまり先々月のことである)ホテルの従業員用エレベーターが開扉したまま突然上昇し始め、それに乗り込もうとした従業員が扉上部の枠とカゴ床の間に挟まれ死亡すつという事故があった(ただし、事故はいずれも平成18年の事故による建築基準法改正前のエレベーターに関するものであった)。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
民法改正が賃貸借契約に与える影響 3 賃料が当然に減額となる場合(改正)

1 民法611条の改正内容改正された民法第611条は、1項で、「賃借物の一部が滅失その他の事由により使用及び...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 2 賃借人の修繕権(新設)

1 修繕権の創設改正民法607条の2は、「賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、その修繕...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 1 賃貸借期間が伸長された

ガソリンスタンドの設置目的などに朗報1 現行法は20年、改正法は50年借地借家法の適用のない賃貸借契...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

他人の研究論文の模倣ないし盗用と私立大学の使用者責任

 知的財産高等裁判所平成27年10月6日判決は、・大学又は大学院の教員が行うすべての学術論文の執筆,発表...

[ 民法雑学 ]

第3章 1概説 6遺言事項(3)遺贈
イメージ

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ