コラム

 公開日: 2012-12-04 

企業経営と危機管理 10 職場離脱制度(強制休暇制度)

職場離脱制度とは、会社従業員の横領などの経済犯罪の防止及び早期発見を目的として、従業員に一定期間職場を離れさせ(強制的に休暇を取得させて)、その間に、その者のした業務内容を監査する制度をいう。金融機関に採用されることが多い制度である。金融機関以外の会社でも、経理担当の従業員が、その立場を利用して会社の売上金の着服や預金口座から違法に出金を繰り返すなどの行為で、刑事事件に発展したケースが、過去には何度も報じられたことがある。このようなケースの多くで、当該従業員のその部署での勤務が長いことが原因になっていることがある。また、事件の発覚も、当該従業員が人事異動の内示を受けて、自ら不正を申告したことによる場合、人事異動で他の部署に移った後の後任者の発見などの場合もある。このように、従業員が職場を移動する際に、横領などの犯罪が発覚するケースが多いため、一時的な職場離脱を強制できる職離脱制度(強制休暇制度)が、犯罪予防や早期発見に有効とされるのである。
この制度を設けた考えの中には、現金を扱う従業員を長くその地位に置くことは危険だという思想がある。そのような業務を長く続けると、①当人自身、会社の内部統制システムの弱点を知り、不正の誘惑に駆られやすくなる。②その業務に対する他の社員の理解度が相対的に低下して、周囲のチェック能力が、これも相対的に低下し、監査が形骸化する。③当人が取引先と過度に親密になり、慣れや甘えや癒着が生じやすくなる等の理由が指摘されている。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?③ 内部統制システムが構築されていると判断された例

1 最高裁判決 最高裁平成21年7月9日判決は、内部統制システムが十分にできているという理由で、従業員の不法...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?② 会社法及び会社法施行規則で明文化

1 判決を受けての法の改正 昨日のコラムで解説したように、大阪地方裁判所は、平成12年9月20日、会社に...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?① 法理が先で、条文は後

1 大和銀行事件判決の中で生まれた概念1995年大和銀行のニューヨーク支店の行員某が、アメリカ国債の簿外取引...

[ 会社関係法 ]

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ