コラム

 公開日: 2012-10-21 

著作権 10 新聞記事と著作物

1著作権法10条2項
著作権法10条2項は「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項1号に掲げる著作物に該当しない。」と規定している。
これは、死亡記事や人事異動記事など誰が書いても同じになるような事実に忠実な報道のことを意味し、事実を基礎とした場合であっても,筆者の事実に対する評価,意見等を,創作的に表現している記事(社説やコラムなど)は、当然、著作物である。

2記事の見出しは、著作物か?
東京地判平16.3.24は、
X新聞社が、ホームページにおいてニュース記事本文及びその記事見出しを掲載していたところ、Y社が、X社のホームページである「X社ニュース」のウェブページにリンクを張り、その見出し語句と同一の語句を使用した行為を、当該記事見出しの無断複製が著作権侵害あるいは不法行為にあたると主張して、記事見出しの複製等の差止及び損害賠償を求めた事案において、
X新聞社の考え出した見出し、すなわち、
・「いじめ苦?都内のマンションで中3男子が飛び降り自殺」
・「「喫煙死」1時間に560人」
・「マナー知らず大学教授,マナー本海賊版作り販売」
・「ホームレスがアベックと口論?銃撃で重傷」
・「男女3人でトンネルに「弱そうな」男性拉致」
・「スポーツ飲料,トラックごと盗む…被害1億円7人逮捕」
・「E・Fさん,赤倉温泉でアツアツの足湯体験」
等は、いずれも、「慣用的な用法」「ありふれた表現」であるから,創作性を認めることはできないと判示し、また、不法行為にもならないと判示し、X社を敗訴させた。

しかし、その控訴審である知財東京高判平17.10.6は、
本件見出しは、著作権による保護の下にあるとまでは認められないが、Y社の一連の行為は社会的に許容される限度を超えたものであり、不法行為を構成するとして、Y社に対し、損害賠償の支払を命じた。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

これからの契約実務① 客観的「瑕疵」基準から主観的な「契約の内容」基準に

現在国会で審議中の民法(債権法)改正案は、契約当事者の意思が重要視されています。一例として、改正民法案562...

[ 債権法改正と契約実務 ]

遺留分法理⑪ 遺言執行者に対し遺留分減殺請求ができる場合(判例)

最高裁判所平成11年12月16日判決の前段部分は、次のような内容のものです。「特定の不動産を特定の相続人甲に...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ