コラム

 公開日: 2010-09-02 

リスクマネジメント


 リスクマネジメントとは、リスクを回避もしくは低減するための経営管理手法あるいはプロセスをいいます。

 昨日のコラムで、内部統制つまり会社法でいう「業務の適正を確保するための体制」について解説しましたが、その2番目の「損失の危険の管理に関する規程その他の体制」がここでいう、リスクマネジメントです。

 リスクマネジメントは、リスクを「把握・特定」することから始まり、リスクの「分類」「分析」をし、リスクを発生頻度(発生確率)と影響度(大きさ)の観点から「評価」し、「対応・対策」を講じ、実際に発生した際には、それによる被害を最小限に「抑制」する一連のプロセスですが、これをPDCAサイクル(JIS規格)で行っていく必要があるのです。

 PとはPlan(計画)、DとはDo(実行)、CとはCheck(監査)、AとはAction(次の行動につないでいくこと)です。
 まず会社内で想定されるリスクを見つけ出し、分類、分析、評価を経て、対策、対応、抑制の方法を確立して、社内規定を整備するなどしてPlan(計画)を建てる。
 役員・従業員への研修・訓練をし、リスクに備える。
その体制は常にチェックをし、不備、不十分なところを見いだせば、その部分に改良を加え、新しいPlan(計画)を建てる。
 そして、その計画の元でさらに研修・訓練・現実のリスク発生時の対応などに当たり、監査をする。
 そこで新たなる発見をすれば、アクションを起こし、次のプランにつないでいく。

 これらのサイクルを繰り返す。
これにより、より完成度の高いリスクマネジメント体制ができていくのです。


リスクの種類
 リスクはいろいろな観点から様々な分類が可能ですが、一例として投機的リスクと純粋リスクがあります。
 投機的リスクは、プラスもあるがマイナスがでるとリスクになるというリスクです。為替変動リスク、商品価格変動リスク、新製品開発リスクなどがあります。
 これに対し、純粋リスクとは、マイナス面しかないリスクです。
自然災害、自動車事故、役員の背任などがありますが、この中で、役員の背任リスクを含む人為的なリスク、その中でも法的なリスクが会社の経営に大きな影響を与えます。

法的リスクは、
①法令違反リスク(差し止め命令、損害賠償、刑事罰・行政罰、名誉・信用の失墜)
②契約違反リスク(差し止め命令、損害賠償)

があります。

人為的リスクの中には、この他にも、
製品事故リスク
個人情報漏洩リスク
事務処理上の過誤によるリスクなどがあります。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金融機関から見た不良債権の意味と分水嶺

1 不良債権 不良債権とは、金融庁の「金融債権マニュアル」における区分のうち、(ア)破綻先債権(法的・...

[ 民法雑学 ]

独禁法でいう課徴金算定の基礎となる売上額の意味

1 完成品の売上げの中に含まれる、取引相手方から購入した部品の購入原価も含まれる 公正取引委員会平成29...

[ 会社関係法 ]

独禁法上の課徴金の趣旨・額の算定・売上額について

最高裁判所第三小法廷平成17年9月13日審決取消請求事件判決は、1 独禁法で定める「独禁法の定める課徴金の...

[ 会社関係法 ]

株主は、真に契約の当事者として申込をした者

株主は、名義貸与者ではなく、名義借用者というのが判例昭和42年11月17日最高裁第二小法廷判決は、「他人の...

[ 会社関係法 ]

弁護士業務に関する基本原則 3 期日連絡

1 期日連絡は、期日ごとになされる弁護士が、依頼者に対してする報告や、書類送付の一つに、「期日連絡」があり...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ