コラム

 公開日: 2012-09-07 

相続と登記 8 遺言と登記

1 「相続させる」旨の遺言と登記
例えば、「A宅地は相続人甲に相続させる。」というような、特定の財産を特定の相続人に「相続させる」遺言がある場合、
①相続登記は、当該相続人(例では甲)が単独で行うことができること、
②遺言執行者からの相続登記手続ができないこと、
③ただ、遺言執行者は、甲への所有権移転登記がされる前に、他の相続人が当該不動産につき自己名義の所有権移転登記を経由したため、遺言の実現が妨害される状態が出現したような場合には、遺言執行の一環として、右の妨害を排除するため、右所有権移転登記の抹消登記手続を求めることができ、さらには、甲への真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記手続を求めることもできること
はすでに、別のコラムで、解説したところです。

2 「遺贈する」旨の遺言と登記
⑴受遺者が相続人の場合でも、「遺贈」登記
例えば、「A宅地は甲に遺贈する。」というような、特定の財産を特定の者に「遺贈する」と書かれた遺言書の場合は、遺贈の相手、つまり受遺者が、仮に相続人であっても、登記実務では「遺贈」を原因として登記手続がなされることになっています。
仙台高判平10.1.22は、相続人の1人である甲に「遺産全部を包括して遺贈する旨記載された遺言公正証書は、その作成には,法律の専門家である弁護士や公証人が関与しているにもかかわらず,全部包括遺贈であることを明言する遺言がなされていることなどから,その遺言はその文言に従い,全部包括遺贈の趣旨であると解すべきであり,この遺言書によって相続登記をすることは許されない旨判示しています。

⑵ 遺贈登記は共同申請
遺贈を登記原因とする所有権移転登記手続は、受遺者を登記権利者、遺言執行者又は全相続人を登記義務者とする共同申請によりなされます。

3 「取得する」旨の遺言と登記
例えば、「A宅地は甲が取得する。」というような、特定の財産を特定の者が「取得する」と書かれた遺言書の場合は、取得する者が相続人である場合は「相続」による当該相続人の単独申請で、取得する者が第三者である場合は「遺贈」による共同申請で登記をしているのが、登記実務です。


この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「相続させる」遺言法理①  「相続させる」遺言法理は、ここから始まる

「 私は、不動産の全部を、長男凸山一郎に相続させる。 」というような、特定の遺産(例では「不動産の全部...

[ 相続判例法理 ]

新著の上梓報告

今週の月曜日から金曜日までの、私のマイベストプロのサイトを訪問してくださった人の数は、連日、2000名を超...

[ 相続判例法理 ]

損害の発生後45年が経過して行使された損害賠償請求権が,消滅時効にかかっていないとされた裁判例

 45年前,新生児が誕生しましたが,母親の退院時,病院のミスで,新生児が取り替えられるという事故がありまし...

[ 民法雑学 ]

宅地建物取引業者の税金についての説明義務

 宅地の売買などをしますと,不動産譲渡所得課税問題が生じますが,その売買契約を仲介した宅地建物取引業者に,...

[ 不動産 ]

遺産分割に関する最高裁判決まとめ

・預貯金債権は,可分債権ではないので,遺産分割対象の財産になる(平成28年12月19日最高裁判所大法廷決...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ