コラム

 公開日: 2012-07-06  最終更新日: 2012-08-15

相続相談 8 遺産の調査方法・遺留分と家賃

Q 先日、父が亡くなりました。相続人は、私と兄の2人です。
父は「全財産を兄に相続させる。」という遺言を書いていました。
父の遺産は、多くの借家や賃貸マンションと預貯金があるように思えますが、兄は、父の遺産の明細を教えてくれません。
また、父は生前、兄に不動産などを生前贈与していると思いますが、その明細も分かりません。
父の遺産や生前贈与財産の調査方法、遺留分減殺請求の方法、相続財産の中の借家の家賃の一部を支払って貰えるのかを、教えて下さい。

A 
1 被相続人の相続開始時の財産等の調査方法
⑴ 不動産について、市町村役場で、被相続人の名寄帳(固定資産税課税台帳)を調べ、不動産の全部の情報を得る(「相続ノート」27ページ)。
⑵ その情報を元に、不動産登記簿謄本を法務局より得て、抵当権の設定があるかどうかを調べ、金融機関に抵当権等を設定していることが分かると、その金融機関に対し、「取引履歴の開示請求」をする。すると金融機関は、10年間の取引履歴の開示をしてくれるので、金融機関の預貯金関係を知りうる(「相続ノート」57ページ)。
⑶ お兄さんへの生前贈与分については、お兄さんの不動産と思えるものを現地に行って調べ、法務局からブルーマップを得て、土地の地番を調べ、登記簿謄本をとって調べる(「相続ノート」27ページ)。

2 遺留分
それらを元に、あなたの遺留分と遺留分侵害額の計算をして下さい(「相続ノート」100ページの「遺留分侵害額計算シート」を利用下さい)。侵害額が計算できたら、お兄さんに、その減殺を請求すべきです。その方法は「相続ノート」103ページ参照。

3 遺留分問題解決まで、家賃に対する遺留分侵害額割合を請求することができる
お兄さんが遺言書で取得した財産の中には、多数の借家や賃貸マンションがあるようですので、あなたは、遺留分減殺請求をした後、その家賃の遺留分侵害額割合分を、お兄さんに支払えと言って請求することができます(「相続ノート」105ページ)。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?③ 内部統制システムが構築されていると判断された例

1 最高裁判決 最高裁平成21年7月9日判決は、内部統制システムが十分にできているという理由で、従業員の不法...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?② 会社法及び会社法施行規則で明文化

1 判決を受けての法の改正 昨日のコラムで解説したように、大阪地方裁判所は、平成12年9月20日、会社に...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?① 法理が先で、条文は後

1 大和銀行事件判決の中で生まれた概念1995年大和銀行のニューヨーク支店の行員某が、アメリカ国債の簿外取引...

[ 会社関係法 ]

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ