コラム

 公開日: 2010-08-28  最終更新日: 2010-08-30

顧客誘因のための景品類に関する規制について


1,景品類とは何か?
 景品類とは、商品の販売業者や役務提供業者が、顧客を誘引するための手段として、自己の供給する商品又は役務の取引に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、公正取引委員会が指定したものです。
その内容は、
 ・ 物品及び土地,建物その他の工作物
 ・ 金銭,金券,預金証書,当選金付き証票及び公社債,株券,商品券その他の有価   証券
 ・ きょう応(映画,演劇,スポーツ,旅行その他の催物等への招待又は優待を含む。)
 ・ 便益,労務その他の役務
 ただし,値引又はアフターサービスは除外されます。

2,景品類に関する規制
金額規制
⑴ 懸賞(一般懸賞)における規制
 懸賞とは、
  くじその他偶然性を利用して定める方法などで、景品類の提供の相手方又は提供する景品類の価額を定めることをいいます。
 最高額規制  取引価格が5,000円未満の場合は、その20倍のもの
       取引価格が5,000円以上の場合は、10万円
 総額規制  懸賞により提供する景品類の総額は、当該懸賞に係る取引の予定総額の
       2%以下
⑵ 懸賞(共同懸賞)における規制
 一定の地域における小売業者又はサービス業者の相当多数が共同して行う場合、 一の商店街に属する小売業者又はサービス業者の相当多数が共同して行う場合(ただし、中元、年末等の時期において、年3回を限度とし、かつ、年間通算して70日の期間内で行う場合に限る)、一定の地域において一定の種類の事業を行う事業者の相当多数が共同して行う場合は、
 最高額規制  懸賞により提供する景品類の最高額は、懸賞に係る取引の価額の20倍の       金額(当該金額が10万円を超える場合にあっては、30万円)を超えてはなら       ない。
 総額規制  懸賞により提供する景品類の総額は、当該懸賞に係る取引の予定総額の3%以下
という規制になります。

⑶ 総付(そうづけ)景品(別名「ベタ付き景品」)に関する規制
これは、商品又は役務の購入者や来店者に対してもれなく提供する景品類のことです。申込み順又は来店の先着順により提供する景品類も含まれます。
最高額規制 取引価格1,000円未満・・・200円
1000円以上・・・取引価格の10分の2

3,オープン懸賞に関する規制
 オープン懸賞とは、「顧客を誘引する手段として」「取引に付随して」の景品の提供にあたらない懸賞、つまり、景品表示法の適用を受けない懸賞のことです。これには賞品の額も限度はありません(平成18年に上限1000万円という規制が撤廃されました。)。
 ただし,応募者を来場者・利用者等に限ると,オープン懸賞とはなりません。
「オープン懸賞」という方法による場合は,新聞やウェブサイトの広告を見た人が,だれでも,来場等せずにはがきやメールなどで応募できるようにする必要があります。
オープン懸賞の応募者を、一定地域の人に限定することは許されます。ただ、応募に(利用者・来店者用の)専用はがきの利用を条件にしますと、顧客を誘引する手段として,取引に付随して,懸賞を行っていると解され、オープン懸賞にはなりません。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
店舗外観を不正競争保護の対象にした初裁判

東京地方裁判所平成28年12月19日決定(仮処分決定)は、甲社が直接又はフランチャイズ契約により加盟店に営...

[ 会社関係法 ]

これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ