コラム

2010-08-27

広告規制についての知識


企業が行う広告については、次のような規制があります。

第1 不当景品類及び不当表示防止法(略称:景品表示法)による規制
 1 規制対象は、 
   チラシ,ダイレクトメール,ポスター,看板,CM,出版物等の広告媒体です。

 2 禁止される表示は、
 (1)優良誤認表示(同法4条1項1号)
    商品・役務の品質,規格その他の内容について,実際のものよりも著しく優良であると示し,又は事実に相違して他の事業者によるものよりも著しく優良であると示す表示であって,不当に顧客を誘因し,一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの。
※ 役務とはサービスのことです。

 (2)価格その他の取引条件に関する不当表示(同項2号)
    商品又は役務その他の取引条件について,実際のもの又は他の事業者によるものよりも取引の相手方に著しく有利であると誤認される表示であって,不当に顧客を誘因し,一般消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれにあるもの。
    ※ 価格には,割引率など間接的なものも含まれます。

 (3)おとり広告に関する表示(同項3号,H5.4.28公取委告示17号)
①取引を行うための準備がなされていない場合その他実際には取引に応じることができない場合のその商品又は役務についての表示
②供給量が著しく限定されているにもかかわらず,その限定の内容が明瞭に記載されていない場合のその商品又は役務について表示
③供給期間,供給の相手が又は顧客一人あたりの供給量が限定されているにもかかわらず,その限定の内容が明瞭に記載されていない場合のその商品又は役務についての表示
④合理的な理由がないのに取引の成立を妨げる行為が行われる場合その他実際には取引する意思がない場合のその商品又は役務についての表示
※ 取り扱う商品やサービスの質・量に比べ、過大な商品・サービスを取り扱っていると誤認させる広告のことです。

第2 不正競争防止法による規制
   同法により禁止される行為は,次のとおりです。
 1 周知表示混同惹起行為(同法2条1項1号)
   他人の「商品等表示」(会社名,商標,看板,マーク等)として需要者の間に広く知れわたったものと同一・類似の表示を使用し,他人の商品又は営業と混同を生じさせる行為。
※ 他の有名商品、有名サービスの商標、サービスマークに“ただ乗り”することです。

 2 著名表示冒用行為(同項2号)
   自己の「商品等表示」として他人の著名な「商品等表示」を使用する行為。
※ これも他の有名商品、有名サービスの商標、サービスマークに“ただ乗り”することです。

 3 ドメイン名使用等行為(同項12号)
不正の利益を得る目的で,又は他人に損害を加える目的で,他人の特定商品等と同一・類似のドメイン名を使用する権利を取得・保有し,又はそのドメイン名を使用する行為。
※ドメイン名とは,インターネット上の住所のようなもので,メールアドレス及びウェブアドレスとして使用するものです。
※上記のような目的で,他人の同一又は類似のドメイン名を使用することはできません。

 4 品質等誤認惹起行為(同項13号)
商品・役務又はその広告・取引上の書類・通信に係る誤認惹起表示(原産地,品質,内容,製造方法,用途,数量等を誤認させる表示)を行う行為。
※このような行為は,景品法により禁止される行為と重複するものですが,不正競争防止法によっても禁止されています。
※ 原産地を偽った表示をして、刑事事件になった企業が何件かマスコミに報道されていました。

 5 競争者営業誹謗行為(同項13号)
競争関係にある他人の営業上の信用を害する虚偽の事実を告知・流布する行為。
※他の競合社を誹謗中傷する内容の広告はできません。

 6 外国の国旗等の商業上の使用行為(同法16条1項)
外国の国旗・紋章・記章と同一又は類似のものを商標として使用すること。

 7 国際機関の標章等の商業上の使用行為(同法17条)
国際機関と関係があると誤信させるような方法で,国際機関の標章と同一又は類似のものを商標として使用すること

第3 その他
 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(略称:風適法)による規制等もありますが、ここでは省略します。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
読みはあっても,公用文では書かない漢字の例

次の語は,一般の人が漢字で書いても,違和感を持たれないのではないかと思われますが,公用文では, → の右に書い...

[ 公用文用語 ]

「私達」か「私たち」か? 「友達」か「友だち」か?

正解は,「私たち」と「友達」です。「私たち」の「たち」は,「私ども」の「ども」と同様,接尾語です。接...

[ 公用文用語 ]

「~にも拘わらず」か,「~にも関わらず」か,「~にもかかわらず」か?

正解は「~にもかかわらず」です。これは,接続詞の「したがって」が,漢字で「従って」と書くのではなく,平仮...

[ 公用文用語 ]

読みが「そのほか」である語句を, 「その外」と書くか,「そのほか」と書くか?

公用文では,「そのほか」と書くのが正解になります。「その外」と書くと,「外」は当て字になるからであると考...

[ 公用文用語 ]

金融機関は遺言書とどう向き合うべきか?① 遺言書の形式

 預金者が亡くなり,その預金を相続し,又は遺贈を受けたという者が,遺言書を持って,金融機関の窓口に現れた場...

[ 相続相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ