コラム

 公開日: 2012-07-14  最終更新日: 2012-08-15

交通事故 63 任意保険⑨ 裁判基準と任意保険基準

1 一物二価
交通事故による損害を「物」にたとえるのは気が引けるが、強いてこれを「物」と表現すると、交通事故による損害は、一物二価といってよいほどの違った評価額がつけられる。
裁判基準と、任意保険基準の違いである。
この間には、明らかな差があり、ときに、大きな差が生ずる場合がある。
その例として、拙著「弁護士菊池捷男の法律実務レポート1」8ページ以下、又は、菊池綜合法律事務所のホームページ「法律実務レポート」交通事故偏をご覧いただきたい。

2 最高裁判所の判決文の中の「裁判基準損害額」という表現
最判平24.2.20は、人身傷害保険は、被保険者に過失があるときでも,過失相殺前の「裁判基準損害額」が保障される保険であると明言した。
裁判でも、任意保険基準が、裁判基準より、明らかに低額になることを、公知の事実として認識しているものと思われる。

3 被害者の傷害による損害賠償額を120万円で打ち切る姿勢を見せた保険会社従業員
つい先日のことである。ある損害保険会社の示談交渉担当者が作成した、被害者あての損害賠償額明細表を見て、驚いた。
そこには、保険会社基準の損害額の明細が書かれ、合計が130万円あまりとなっていた。そして、その合計額の下の欄の左側欄に「減額」という文字が書かれ、その右の欄に10万円あまりの数字が書かれていた。
さらに、その下の欄に、支払額120万円と書かれていた。
要は、この示談担当者は、任意保険基準でも、130万円余りの損害賠償義務があることを認めながら、自賠責保険限度額を超える金額10万円余りを、減額すると書いた書面を、被害者に示して、総支払額を120万円とする示談案を提示したのである。
被害者が、これを受け入れると、示談金120万円は、その保険会社から支払われるが、その金額は全額、自賠責保険から回収できることになるので、任意保険会社は1円の負担もしないですむことになる。

私は、弁護士歴42年を超え、毎年、多くの交通事故損害賠償請求事件を扱っているが、今回のような、保険会社の担当者が、自ら認める損害賠償額を、根拠も示さず、自賠責限度額まで減額する示談案を提示した例を経験していなかった。
おそらく、この示談案の提示は、その担当者1人の勇み足だとは思われる。
仕事柄、私は、多くの、保険会社の上席の人とも、話し合うことが多いが、彼らが、保険会社の方針として、法的義務を認めた金額を、さらに減額しようとするとは思えない。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

本日の新聞報道より

1 会社法改正試案まとまる本日の新聞には、社外取締役の義務化、株主提案権の回数の制限などが議論され...

[ 会社関係法 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合② 名誉毀損にならない要件

1 名誉毀損の成立要件これは、「公然事実を摘示し、人の名誉を毀損すること」(刑法230条)です。「公然」と...

[ 民法雑学 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合① 基本判例

最高裁判所平成15年10月16日判決は、次のような判決をし、テレビ局の責任を認めました。この判決は、その後、...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ