コラム

2012-06-17

交通事故 35 慰謝料⑧ 傷害慰謝料

1 基準
傷害の慰謝料は、入院期間と通院期間が基準になる。
赤い本では、通常の傷害は1ヶ月間入院すると、慰謝料は53万円になる。しかし、2ヶ月間の入院は101万円、3ヶ月間の入院は145万円となり、月単位の金額は、入院期間の長さに反比例するようにして低減していく。
通院も1ヶ月で28万円、2ヶ月で52万円、3ヶ月で73万円とやはり期間が長くなると1ヶ月単位の慰謝料は低減していく。
裁判実務では、入院期間を横軸、通院期間を縦軸とする「入通院一覧表」を用いて、慰謝料の金額を決めているのが実情である。

2 入院・通院が繰り返された場合の計算方法
⑴ 上記の計算を繰り返す方法(接ぎ木方式)と
⑵ 全入院期間と全通院期間をそれぞれ単純に足して、基準表を適用する方式(積算方式)がある。
⑴の方式より、⑵の方式の方が慰謝料は低くなるが、どちらの方式を採用するかは裁判所の判断になる。

3 むち打ち症は別計算
むち打ち症の場合は、入院の場合、1ヶ月で35万円、2ヶ月で66万円、3ヶ月で92万円と通常の傷害に比べ低い金額になる。通院の場合でも、1ヶ月で19万円、2ヶ月で36万円、3ヶ月で53万円でしかない。

4 通院期間が修正される場合
通院が長期であるのに、不規則な場合は、実日数の3.5倍を正常な通院期間とされる場合がある。

5 入院ではないが入院と同視される場合
⑴ 自宅に幼児をかかえた母
⑵ 仕事の都合で入院を早めに切り上げた被害者
⑶ ギブスに固定された自宅での療養
等による自宅療養期間の全部又は一部は、入院期間とみて貰えるので、療養日誌をつけたり、介護を受けた場合の介護記録で証明できるようにしておく必要がある。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
読みはあっても,公用文では書かない漢字の例

次の語は,一般の人が漢字で書いても,違和感を持たれないのではないかと思われますが,公用文では, → の右に書い...

[ 公用文用語 ]

「私達」か「私たち」か? 「友達」か「友だち」か?

正解は,「私たち」と「友達」です。「私たち」の「たち」は,「私ども」の「ども」と同様,接尾語です。接...

[ 公用文用語 ]

「~にも拘わらず」か,「~にも関わらず」か,「~にもかかわらず」か?

正解は「~にもかかわらず」です。これは,接続詞の「したがって」が,漢字で「従って」と書くのではなく,平仮...

[ 公用文用語 ]

読みが「そのほか」である語句を, 「その外」と書くか,「そのほか」と書くか?

公用文では,「そのほか」と書くのが正解になります。「その外」と書くと,「外」は当て字になるからであると考...

[ 公用文用語 ]

金融機関は遺言書とどう向き合うべきか?① 遺言書の形式

 預金者が亡くなり,その預金を相続し,又は遺贈を受けたという者が,遺言書を持って,金融機関の窓口に現れた場...

[ 相続相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ