コラム

 公開日: 2012-06-13  最終更新日: 2012-08-15

交通事故 31 慰謝料④ 近親者の後遺症慰謝料

1 民法711条と判例
民法711条は、死亡事故については、被害者の父母、配偶者及び子に限って、固有の慰謝料請求権を認めている。後遺症については、規定はない。しかし、判例は、古くから、後遺障害事故で、近親者が「死亡に比肩するような精神的苦痛を受けた場合」には、近親者にも、慰謝料請求権を認めている(最判昭33.8.5)

2 裁判例
⑴ 1級について
・横浜地判平12.1.21は、植物状態(1級)になった症状固定時8歳の女児(事故日平5.4.20)について、本人の傷害慰謝料400万円、後遺症慰謝料2800万円の他に、母に800万円の慰謝料を認めた。この母は未婚の母で、1人娘の成長を生き甲斐にしていたのが、①娘の将来の夢奪われ、②自分が死ぬまで子を看護することになり、③母の死後の子の将来に不安を抱くというものであったので、それを慰謝する金額として800万円が認められたのである。
・横浜地判平14.9.25は、凶暴性を伴う高次能機能障害を負った主婦に2800万円、近親者4名に合計800万円合計3600万円の慰謝料を認めた。
これらの事件は、後遺障害1級であるので、その被害は、近親者にとって死にも比肩し得る後遺障害と言える。1級の後遺障害の場合、近親者の慰謝料は広く認められているが、2級以下の後遺障害についても、次のとおり、近親者に固有の慰謝料を認めた裁判例がある。

⑵ 2級
高次脳機能障害の主婦(2級)の夫に300万円、子2人に各100万円、本人に2300万円、合計2800万円を認めた神戸地判平18.6.16等、高次脳機能障害の被害者の場合が多い。高次脳機能障害の被害者の場合は、人格が一変するほどの変化を見せるので、介護の労、家族の悲しみは、大きく、近親者にとっては、死にも比肩することのできる精神的苦痛が強いられることによる。

⑶ 3級以下7級まで
近親者固有の慰謝料が認められるのは、被害者が高次脳機能障害が残ったケースが多いが、それ以外でも、近親者にとって、死にも比肩できる後遺障害ならば、慰謝料が認められる。7級の後遺障害で、近親者に慰謝料を認めた例として、72歳の主婦が左下肢短縮による歩行障害の後遺障害を負ったケースで、本人に800万円、その夫に100万円の慰謝料を認めた横浜地判平6.6.6がある。82歳の夫にとっては、死にも比肩し得る妻の後遺障害なのである。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割判例法理 「遺産分割による代償譲渡」は有効

法務局で登記手続をする場合,先例がないときは,容易に認めてもらえません。下記の事案も,そうで,家庭裁判所で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑦ 財産全部についての遺産の分割の方法を定めた遺言は債務に及ぶ 

 民法899条は,「各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」と規定していますが,ここ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑥ 遺産分割の方法を定めた遺言の効力は代襲相続人に及ばない

遺言書の効果は,遺言書に書かれた文言に限られます。長男に全財産を「相続させる」と遺言書を書いた場合で,そ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑤ 相続放棄は詐害行為にならない

 しかしながら,相続放棄は,詐害行為になりません。下記の判例があるからです。 ですから,遺産分割協議で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理④ 遺産分割協議は詐害行為になりうる 

 債務が多くあり,遺産を相続しても債権者に差し押さえられると考え,遺産分割においては取得できる具体的相続分...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ