コラム

 公開日: 2012-06-01  最終更新日: 2012-08-15

交通事故 18 逸失利益⑨ 減収がない場合

1 差額説と労働能力喪失説
後遺障害があっても、交通事故の前後で、収入(所得)に変わりがない場合、逸失利益は発生するのか?
この問題に関して、逸失利益を、収入差額とみる立場(差額説)からは逸失利益はないことになるが、逸失利益を労働能力の全部又は一部の喪失とみる立場(労働能力喪失説)からは、逸失利益はある、ということになる。

2 判例
最判昭42.11.10は、左大腿骨複雑骨折の傷害を受け、左膝関節部及び左足関節の用廃等5級の後遺障害を残した被害者について、「労働能力の喪失・減退にもかかわらず損害が発生しなかった場合には、それを理由とする賠償請求が出来ない」と判示し、差額説の立場に立つことを明らかにした。
しかしながら、最判昭56.12.22は、差額説に立ちながらも、「労働能力低下による収入の減少を回復すべく特別の努力をしている等」の事情がある場合は、労働能力の低下が軽微なものであっても、逸失利益は認められる旨判示し、42年判決を大きく修正した。

3 労働能力喪失説に立った裁判例
・大阪地判平10.12.1は、減収のない(逆に事故後増収)28歳会社員男性の後遺障害10級に対し、39年間27%の逸失利益を認め、
・名古屋地判平11.5.14は、減収のない(逆に事故後増収)23歳会社員男性の後遺障害4級に対し、44年間92%の逸失利益を認めているが、
これらの判決において認定された労働能力喪失率は、労働省労働基準局通達に示された等級毎の労働能力喪失率表と同じである。

4 逸失利益が定年を境に変動している裁判例
・札幌地判11.12.2は、症状固定時53歳の国家公務員男性の1眼失明1眼視力低下、左股関節変形等の後遺障害併合1級はあるものの、減収がないことから、60歳の定年までの逸失利益を否定し、その後7年間は100%の逸失利益を認めた。この判決が、定年までは逸失利益はないとしたのは、被害者が身分保証をされた公務員だからである。しかし、定年後は、労働省労働基準局通達に示された労働能力喪失率表どおりの労働能力喪失割合を認定した。

5 特段の事情
判例は、最判42年の差額説が基本で、最判56年が労働能力の低下により逸失利益があるというためには、被害者本人が減収にならないよう特別の努力をしている等の事情が必要だといっているので、その事情(特段の事情)とは何かが問題になるが、東京地裁の中園浩一郎裁判官は、講演(平成19.10.27)の中で、その事情として次のものを紹介されている。
①昇進・昇給等における不利益
②業務への支障
③退職・転職の可能性
④勤務先の規模・存続可能性等
⑤本人の努力
⑥勤務先の配慮
⑦生活上の支障
である。要は、事故の前後で減収は生じていないとしても、減収のない状態が保証されているものではないこと、いつ、①ないし⑦の事情から、減収が生ずるかもわからないこと、したがって潜在的には逸失利益がある、ということを、具体的に主張・立証せよ、ということになる。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「相続させる」遺言法理①  「相続させる」遺言法理は、最高裁・香川判決から始まる

「 私は、不動産の全部を、長男凸山一郎に相続させる。 」というような、特定の遺産(例では「不動産の全部...

[ 相続判例法理 ]

新著の上梓報告

今週の月曜日から金曜日までの、私のマイベストプロのサイトを訪問してくださった人の数は、連日、2000名を超...

[ 相続判例法理 ]

損害の発生後45年が経過して行使された損害賠償請求権が,消滅時効にかかっていないとされた裁判例

 45年前,新生児が誕生しましたが,母親の退院時,病院のミスで,新生児が取り替えられるという事故がありまし...

[ 民法雑学 ]

宅地建物取引業者の税金についての説明義務

 宅地の売買などをしますと,不動産譲渡所得課税問題が生じますが,その売買契約を仲介した宅地建物取引業者に,...

[ 不動産 ]

遺産分割に関する最高裁判決まとめ

・預貯金債権は,可分債権ではないので,遺産分割対象の財産になる(平成28年12月19日最高裁判所大法廷決...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ