コラム

 公開日: 2012-06-09  最終更新日: 2012-08-15

交通事故 26 後遺障害④ むち打ち症

1 意味
人間の首(頚部)の動き(正常範囲)は、一般的に前後方向ともに60°程度とされているが、追突事故などに遭ったとき等、その範囲(筋繊維の生理的可動域)を超えて過伸展、あるいは過屈曲が生じた場合、靭帯など首の周辺の組織が損傷されることがある。むち打ち症とは、この組織の損傷によって生ずる種々の症状をいい、外傷性頸部症候群とも、頸椎捻挫とも言われる。

2 症状
症状としては、急性期と慢性期を含めると、頸部痛、頭痛、めまい、頭部・顔面領域のしびれ、視力低下、視野狭窄、目のかすみ、耳鳴り、難聴、吐き気、四肢のしびれや痛み、それに根気や集中力の低下がある。
なお、このうち、頚部の動脈の血流障害による、めまい・耳鳴り・難聴・かすみ眼・眼精疲労・視力低下・喉のつまり感などの耳鼻科的・眼科的症状はバレ・リュー症候群(頚部交感神経刺激症状)といわれる。

3 特徴
むち打ち症の特徴としては、
①受傷直後ではなく、一定期間経過して、現れる場合が多い
②急性期の症状は、自然に寛解してゆき、一般的には長期化しないで1ヶ月以内に治療が終了する例が約80%を占めると言われている。
③他覚的所見(医学的に証明できること)が乏しく、多くの場合、被害者の愁訴を頼りに、むち打ち症の診断をすることになる。
③したがって、詐病(仮病)が疑われやすい。
④必要かつ相当な治療期間が画像所見から一見明らかとは言えない場合が多いため、治療期間が判断し難い。
①後遺障害等級認定の困難性
等が挙げられる。

4 むち打ち症の関連傷病
頸椎損傷、変形性脊椎傷、頸椎椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、胸部出口症候群等は、むち打ち症の範域を超えた、より重い後遺障害である。

5 通常傷害としてのむち打ち症の問題点
⑴ むち打ち症そのものが疑われやすいこと(詐病の疑い)
これは他覚的所見(医学的な証明)がないことによる。
⑵ 治療期間の相当性と必要性が争われやすいこと
むち打ち症の一般的な医学的知見として、治療期間は2~3ヶ月程度、事故による追突などの衝撃が強く症状が重いものは6ヶ月程度、場合によりそれ以上、といわれているので、保険会社は治療期間を2~3月を目安に、重篤な場合は6ヶ月を目安にし、それを超える治療期間については治療費の支払いを拒否するなどをしているため、被害者とトラブルになることが多い。
裁判所も、治療期間の認定には厳しい態度をとる。東京地判平10.1.20は、通院約5年間の女性被害者に対し、事故と因果関係のある治療期間を1年間しか認めなかった。
⑶ 治療期間中の慰謝料額が少ない。いわゆる赤い本では、むち打ち症以外の傷害の慰謝料を別表Ⅰとし、むち打ち症の慰謝料を別表Ⅱ(別表Ⅰに比べその7割程度)として、別立てにしているほど。

6 後遺障害としてのむち打ち症の問題点
⑴ 自賠責が認定する後遺障害ランク
ア)12級
むち打ち症の後遺障害等級は、他覚的所見つまり医学的に証明できる場合を12級の「局部に頑固な神経症状を示すもの」とし、
イ)14級
「医学的に説明可能な傷害を残す所見があるもの」又は「医学的に証明されないものであっても、受傷時の状態や治療の経過からその訴えが一応説明のつくものであり、賠償性神経症や故意に誇張された訴えではない、と判断されたもの」のときは、14級になる。
ウ)それ以外は、非該当になる。

⑵ 労働能力喪失期間
裁判例では、多くの場合、12級で10年程度、14級で5年以下とされている。
ちなみに、同じ12級あるいは14級でも、むち打ち症でない場合は、労働能力喪失期間はもっと長く認められている。後遺症固定時21短大生女子の場合、顔面線状痕(12級)について19年間14%の労働能力喪失を認めた大阪地判平11.10.15や、女児の顔面傷跡(12級)につき18歳から67竿まで14%の労働能力喪失を認めた福井地敦賀支判平14.5.17等がある。
併合11級クラスの後遺障害の場合は、概して、67歳まで労働能力喪失期間をみている、といって良い。
7 むち打ち症で、自賠責保険では、後遺障害非該当とされたが、裁判所では該当性をみとめら例
東京地判平16.4.14 非該当→12級など多数ある。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ