コラム

 公開日: 2012-05-01  最終更新日: 2014-03-11

大切にしたいもの 10 各論

1 比喩
ここで、各論と言い、総論と言う言葉は、比喩として使っています。
総論とは、誰でも語れる一般論、抽象論を言います。
これに対して、各論とは、当該問題となっている事柄についての具体的な内容のある話を意味します。

2 例
難しいとされる試験の1つに司法試験がありますが、「司法試験に合格する方法は?」と訊かれて、「一生懸命に勉強すれば合格する。」と答える答しかできない場合の、この答を「総論」というのです。それに対して、より具体的な勉強方法を、細部にわたって話すことができれば、それが「各論」なのです。

3 総論と各論の違い
要は、総論は内容のない話、各論は内容のある話です。
総論は、内容のない話ですので、誰でも、何処でも、話すことが出来ます。少し新聞を読み、最近の政治状況を知れば、天下国家を論ずることすらできるのです。
しかし、各論は、各論の程度、深さにもよりますが、簡単に論ずることのできるものではありません。

4 各論を大切にしたいということの意味
各論を大切にしたいということは、人各自に与えられた本務を掘り下げて、学び、考え、それぞれ専門家になるくらいの学びを心掛けよという意味です。

5 深さは広さに通ずるが、広さが深さに通ずることはない
 この言葉は、今は亡き私の恩師が私に語って下さった言葉です。
この言葉をいただいたおかげで、私は、司法試験に集中し、没頭しました。そして弁護士になれたのですが、総論人間では司法試験に合格できません。しかし、弁護士になって、学ぶことをしないときは、弁護士の中の総論人間でしかありません。弁護士の仕事の中でも、総論では役に立たない、各論を語るのでないと人はついてこないと思うのです。

6 人は、その生きるべき道で名人となれ、余技の達人になるなかれ
 この言葉も同じ恩師から教えられた言葉です。深さは広さに通ずるが、広さが深さに通ずることはない、という言葉と通底する言葉だと思います。

7 人は、すべからく、各論人間になれ、総論人間になるかなれ
これは、私の言葉です。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

これからの契約実務① 客観的「瑕疵」基準から主観的な「契約の内容」基準に

現在国会で審議中の民法(債権法)改正案は、契約当事者の意思が重要視されています。一例として、改正民法案562...

[ 債権法改正と契約実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ