コラム

 公開日: 2012-04-28  最終更新日: 2014-03-11

大切にしたいもの 9 肉親の愛

1 舐犢(しとく)の愛
 舐犢の愛という言葉があります。「舐」は舐めるという意味、「犢」は仔牛の意味です。転じて、「親牛が仔牛を舐めるが如く、溺愛する」という意味です。
この言葉は、決して良い意味に使われるものではありませんが、一面、子に対する親の愛が本能に根ざすものであることをよく表している言葉だと言えるでしょう。

2 子は無条件に可愛い
 これは親なら、誰しも、1度は、そう思ったことがあるのではないかと思います。
舐犢の愛を注ぐ溺愛型であれ、理性が勝ったスパルタ型であれ、親の子に対する態度は、愛情の表現以外のなにものでもないと思うのです。

3 愛深き故に憎さ深し
 俗諺に、可愛さ余って憎さ100倍という言葉がありますが、たしかに、愛が深いと、憎さ、というより怒りの感情が大きくなる場合のあることは、否定できません。
私たち弁護士の事務所に、子供に財産を相続させない方法はないか、という相談が、ときにあります。子供に相続させなくするために、甥、姪に財産を遺贈するという遺言書を書いた人が現実にいます。親が自宅を他人名義に移して、その家から息子夫婦を追い出した、極端な例すらあります。最後のケースは、後、親は、子が親に寄せてくれた愛の深さに自分が犯した罪(財産を他人に与えた罪)を悔い、泣いて子に詫びましたが、覆水盆に返らず、親も子も、自宅を失ったことによる苦労を味わうことになりました。

4 愛と怒りの同居
 財産を子に相続させないために他人に与える、というときの親の動機の多くは、子に対する怒りの感情、というより、その怒りの感情を子に伝えることにあるような気がします。
怒りにまかせてその家の大切な物をぶっ壊す、あの感情の爆発と同じだと思うのです。
愛深ければ憎さ深し、ではなく、愛深ければ怒りの感情は大きくなる、というのが正しいとらえ方ではないかと思います。
 ただし、このような感情を爆発させる人は、多分に、幼児性を帯びた人と言えるでしょう。しかし、現実にはある程度このような人もいるのです。

5 大切にしたい肉親の愛
これは、あなたが肉親へ向けた愛を大切に、と言っているのではありません。肉親が、あなたに向けている愛を大切にしていただきたいと言っているのです。子はどんな場合でも、親を愛しています。舐犢の愛を注がれ我が儘一杯に育てられ親に対しては我が儘な要求しかしない子であっても、親のしたスパルタ型教育のもとで親に反抗・反発しかしない子であっても、親が自堕落で尊敬に値しないと思っている子であっても、形こそ違え、親に自分をしっかり見て欲しい、親と一緒になって笑い転げたいと、親に必死の愛情を注いでいるのです。
親は、それを、そのときそのときの感情で量るのではなく、子の表現や表面には見られない、その下にある核をしっかり掴まえておくべきなのです。

6 知っておくべきこと
 もし、怒りに駆られて子供にその感情をぶつけたくなったとき、このコラムを思い出していただきたいと思います。結果において、あなたを愛する家族から財産を奪い、あなたに愛情を持たない者へその財産を無償で与える愚だけは犯さないようにしていただきたいのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
離婚原因の一つである「夫婦関係の破綻」が,別居期間が短くとも認められる場合

これは,私の事務所が勝ち得た離婚判決の例です。一審判決は,別居期間が2年程度(一審判決までの期間)では,...

[ 離婚 ]

課税価格と相続税評価額とは違う

1 遺産の評価問題遺産分割の調停の席で,遺産(相続財産)の評価をどうするかという問題が提起されることがあ...

[ 相続相談 ]

遺留分減殺請求事件と相続税の処理

1 遺留分減殺請求をして,相続財産の一部の返還又は価額弁償金の支払を受けた遺留分権利者甲の場合これによっ...

[ 相続相談 ]

情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ