コラム

 公開日: 2012-04-16  最終更新日: 2012-08-17

交通事故  警備員による交通誘導による交通事故

1 警備員による誘導に従って、車両を運転した結果、交通事故を起こした場合に、過失は否定されるか?
岡山地判平16.6.13は、「道路工事が行われている際に警備員が車両の誘導をしている場合,道路交通法上,当該警備員の指示に法的な根拠が与えられているわけではない。また現実にも,信号機の表示する信号や警察官等による交通整理(道路交通法6条)と何ら資格を有さない警備員による車両の誘導との間には,これに対する信頼が質的に大きく異なる。・・・警備員の指示に従った車両の運転者に、安全確認義務が免除されるわけではない。」として,工事会社の警備員の指示に従った結果事故が起こったケースについて,運転者の過失を認めています。ですから、警備員の誘導に従ったことが無過失になるわけではありません。

2 警備員の交通誘導に従って、車両を運転した結果、車両同士が接触あるいは衝突し、被害を生じさせた場合の責任関係はどうなるか?
例えば、
甲車の運転手甲の過失が3割、
乙車の運転手乙の過失が4割、
警備員の過失が3割
という過失割合の場合、甲は損害額のうち、いくらを誰に請求できるのでしょうか?
最判平成15.7.11は,このような場合は、絶対的(加算的)過失相殺という方法による過失相殺をするとして、上記の例では、甲は、損害額の100万円から、自己の過失割合分3割を引いた残りの70万円について、乙と警備員あるいは警備会社に対し請求することを認めています。
甲からみると、この交通事故は、乙と警備員の共同不法行為によって引き起こされたと考えることができますので、乙と警備員あるいは警備会社の過失分を合わせたもの(7割)については、両者に対し(不真正)連帯責任の請求が出来るということです。
この場合で、乙にも、例えば80万円の損害が生じているときは、乙は80万円のうち、自己の過失分4割の引いた残りの48万円について、甲と警備員・警備会社に対し、請求することができる(甲と警備員とは不真正連帯債務が生ずる)ことになります。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
共同保証人間の求償権の趣旨・消滅時効中断事由に関する初判例

最高裁判所平成27年11月19日判決の紹介時系列的事実関係⑴ 信用保証協会Aと主債務者会社の代表取締役Bが、銀...

[ 民法雑学 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

信用保証協会、二度目の最高裁判決

またまた、信用保証協会に不利な最高裁判決が出されました。2016-09-14付けコラムで紹介しました最高裁判所第三小...

[ 会社関係法 ]

立法論としての相続法⑬ 法制審議会で、民法1015条の字句を改めるべしとの意見出る

 現行の民法1015条は、「遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。」と規定しています。この字句から、遺言執行...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ