コラム

 公開日: 2012-03-25  最終更新日: 2016-03-15

ぎりぎりの攻防 2

前回のコラム「ぎりぎりの攻防1」に登場したB弁護士、今度は、立場を代えて、被告の代理人として、裁判所で、和解の席に着く。

B弁護士
2100万円が限度です。被告会社は経営が不安定な会社です。社長夫妻が老後の資金にと、契約してきた企業年金保険を解約して、2000万円を作り、これに何とか100万円を工面して、合わせて2100万円を作り、これをお支払いすると言っていますが、これが限界です。

原告代理人
B先生のご努力には感謝していますが、原告夫婦も、1人息子を被告会社の過失による労災事故で亡くしていて、2100万円ではどうしても納得できないと言っています。あと300万円を作り、2400万円を支払っていただけないでしょうか。裁判所の方からも、被告を説得してしてはいただけないでしょうか?

裁判官
資力がないと言われる場合の適正な和解額など提示しようもありませんが、被告は2100万円なら支払う。原告は2400万円までなら譲歩する、と言っているのですから、300万円の差だけで、今、和解を壊すのは惜しいと思います。裁判所としては、その中間の金額である2250万円を、裁判所案として提示したいと思いますが、原告代理人と被告代理人とは、それぞれその線でまとめるよう、依頼人を説得していただけませんか?

原告代理人
私の場合は、裁判所の案ということなら説得できると思いますが、被告代理人はどうですか?

B弁護士
私の場合は、説得は不可能だと思います。ねえ、先生(原告代理人のこと)、私は、先日、1000万円を支払うという相手方の提案に対して、1100万円まで譲歩しましたが、その差額100万円を埋めることができず、示談を壊してしまい、依頼人に1円の賠償金も得させることができなかった苦い経験を持っているのですが、今回、そうならないことを祈る気持ちです。どうか、原告夫婦を説得して2100万円で和解を成立させてはいただけませんか?

原告代理人
少し時間をください。今、原告の控え室に、原告夫婦を待たせていますので、話をしてみます。

暫くして、原告代理人が和解の席に戻る。
原告代理人
原告夫婦は、2400万円は最低額だ。1人息子を失った悲しみは被告には理解できないだろう。被告のいう2100万円では、被告に誠意があるとは思えない。お金が目的でこの訴訟を起こしたものではないので、かりに1円も支払ってもらえない結果になってもやむを得ない。被告に誠意を見せてもらいたい。そのためには最低でも2400万円は支払ってもらいたい、と言っているのです。

裁判所
では、この和解は打ち切り、後は判決になりますが、いいですか?
原告代理人
やむを得ません。
B弁護士
残念ですが、やむを得ません。

その後暫くして、判決が言い渡された。賠償金は3000万円超であった。
さらに、暫くして、原告代理人が申立てた、仮執行の宣言つきの判決に基づく、被告の銀行預金、県や市に対する公共工事代金の差押えがなされた。

その数ヶ月後、B弁護士は、原告代理人から電話連絡を受けた。
原告弁護士
先生、こんなお願いができた義理ではないのですが、例の件、2100万円とは言いません、現在、被告が支払える金額で結構ですので、気の毒な原告夫婦に、判決認容額の一部でもいいですから、支払うよう、被告に伝えていただけませんか?

B弁護士
ああ、先生、やっぱ心配したとおりになりましたね。現在、被告会社は倒産しています。理由は、先生がされた預金や工事代金に対する差押えだけではなく、経済の不況です。この不況がなければ、また違った結果になったかもしれませんがね。先生のお話は、被告の社長に伝えますが、よい答が得られなかったときは、私から先生には連絡しません。私から連絡がないときは、良い答が得られなかったものとご理解下さい。

原告弁護士
わかりました。では、よろしくお願いいたします。

その後、B弁護士から原告代理人に連絡することはなかった。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の運用に誤解あり③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の運用に誤解あり➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の運用に誤解あり① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

メール相談より。いわゆる「相続させる」遺言書と遺言執行者との関係

問1 「妻に全財産を相続させる。」と書いた遺言書の場合,遺言執行者は要らないのですか?2 「妻に全財産...

[ 相続相談 ]

人は,常に,今が旬

そうなんです。人は,常に,今が,最もおいしい季節なのです。昨日知らなかったことが,今日は知っていますし...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ