コラム

 公開日: 2010-07-31  最終更新日: 2010-08-02

山陽新聞の特集記事「膨らむ弁護士ー岡山」①~⑤を読んで


  山陽新聞朝刊に、2010.7.25から7.30まで、サブタイトル「司法制度改革の影」と題して、岡山県下の若手弁護士の就業の様子が連載されました。
弁護士であってもたいへん興味深い内容でしたが、一般の人からもこの連載記事のことを話題にされることが多かったので、多くの人にとってこの連載記事は貴重なものであったものと思います。
 
 1回目は、新卒弁護士でどこの事務所にも就職できない人がでていること、2回目は今年の司法試験合格者から司法修習生になっても給与・賞与がもらえなくなること、3回目は、それにもかかわらず、過疎地での弁護士の開業は遅れていること、4回目は瀬戸内市では週1回勤務の弁護士が生まれたこと、また、5回目は弁護士の急増を緩和し質の維持をと呼びかけている岡山弁護士会会長の言葉が紹介されています。

 かつて、弁護士は、就職先には困らない、いわゆる売り手市場でしたが、今は、就職したくとも一定の数の人は就職できないという、買い手市場になっています。また、現在までのところ、司法修習生になると、普通の国家公務員より高い給与・賞与を得ていますが、やがてこの制度もなくなります。
イソ弁(勤務弁護士)の初任給も激減している模様です。

 弁護士を志す人には、まことに苦しい時代が到来したと言えるのですが、そうかと言って、新卒の弁護士が新たな仕事の場として過疎地で開業することにはまだ消極的である、という現状にあることが窺われます。厳しいと言いながら、まだ十分実感のない時代と言えるのかもしれません。しかしながら、一部の弁護士は、時代の先を見て、走り始めています。

 弁護士は、今、競争のないぬるま湯時代から、競争時代に入った、と言えるのですから、また、競争の中でこそ人や企業は磨かれるのですから、今は、弁護士にとって、実力を磨き、成功の階段を上っていけるチャンスの時代ととるべきでしょう。

 過疎地への積極的な事務所の開設、無料の法律相談の積極的な利用、企業や行政への積極的な売り込み、個別の相談に於ける真心のこもった対応、迅速で正確な調査と報告等、社会にあるニーズに応えた、他の弁護士にない優位性を確立すべきです。
そうすれば、嫌でも仕事は来ます。
 早い話、仕事の出来る弁護士は、先輩弁護士が放っておきません。仕事の協力を求めてくるのです。

弁護士にとって苦しい時代は、実力を養う時代だと思うのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
学者さまと弁護士 その1

学者さまと弁護士 本年6月1日より、私の大学時代からの友人である 後藤紀一 弁護士が、当事務所の一員になり...

[ 会社関係法 ]

監査等委員会とは?

1 株式会社の監査機関 平成26年に会社法が改正され、株式会社の監査機関として、「監査等委員会」を設置する...

[ 会社関係法 ]

共同保証人間の求償権の趣旨・消滅時効中断事由に関する初判例

最高裁判所平成27年11月19日判決の紹介時系列的事実関係⑴ 信用保証協会Aと主債務者会社の代表取締役Bが、銀...

[ 民法雑学 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ