コラム

 公開日: 2011-08-28  最終更新日: 2012-08-17

間違えやすい法令用語 28 「・・・の日から○日間」・「・・・の日から起算して○日間」

1 「・・・の日から○日間」の意味
 民事訴訟法285条は「控訴は、判決書・・・の送達を受けた日から2週間の不変期間内に提起しなければならない。」と規定し、控訴期間を定めています。
この場合の「判決書の送達を受けた日から2週間」とは、いつからいつまでをいうのでしょうか?
例えば、ある年の3月1日に判決書の送達を受けたとした場合で考えますと、この場合の2週間は、3月2日から15日までの2週間になるのです。
つまり、「判決の送達を受けた日から2週間」という場合の「2週間という期間」は、送達を受けた日を算入しないで、その翌日から2週間を数えることになるのです。
これは、民法140条が「日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。」と規定しているからです。
このような扱いを「初日不算入の原則」といいますが、この民法140条のみならず、民法139条以下の、期間に関する諸規定は、民事法関係のみならず、公法関係にも適用されていますので、例えば、憲法54条の「衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行・・・しなければならない。」との規定の「40日」も解散の日の翌日から数えることになるのです。

2 「・・・の日から起算して○日間」の意味
法律で期間を定めている場合の期間の数え方について、初日は算入しないという「初日不算入の原則」があることは、前述しましたが、民法139条は「期間の計算方法は、法令若しくは裁判上の命令に特別の定めがある場合又は法律行為に別段の定めがある場合を除き、この章の規定に従う。」と規定していますので、「法令若しくは裁判上の命令に特別の定めがある場合又は法律行為に別段の定めがある場合」は、初日不算入の原則の適用を受けないことになります。
その「別段の定め」の1つが「・・・の日から起算して○日間」という定めです。
例えば、憲法100条は「この憲法は、公布の日から起算して六箇月を経過した日から、これを施行する。」と規定していますが、ここに「起算して」という言葉が使われています。「起算して」という言葉はその日から期間が始まるという意味ですので、「初日を算入している」定めになるのです。

3 法令の施行日の定め方
法令の施行日を定める言葉として、例えば「平成○○年4月1日から施行する。」など確定日を定めその日から施行することを表す場合と、公布の日を基準に一定期間が経過した日から施行する旨を定める場合などがありますが、後者の場合の表現として「公布の日から○○日を経過した日から施行する。」という定め方はされていません。
その理由は、以下のとおりです。
すなわち、期間に関する通則である民法140条の本文は「日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。」と定め、初日不算入の原則を採用していますが、そのただし書きで「ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。」と規定していますので、「公布の日から○日間」と言う場合の「公布」が、通常はありえないことですが午前0時になされたときは、「公布の日から○日間」という場合は初日が算入されることになりますので、一般の人には、その法令の施行日が判然としないということが起こるのです。そこで、そのような疑義を招かないために、公布の日を含むことが明らかな表現つまり「公布の日から起算して○日間」という表現方法がとられているのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

79

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
民法雑学 不当利得返還請求権の消滅時効は、権利発生の時から、進行が開始する

先日、45年前の子供の取り違えによる債務不履行を原因とした損害賠償請求権の時効は、取り違えを知った時から、消...

[ 民法雑学 ]

遺言執行者制度は機能しているか?③ 日弁連・懲戒委員会の懲戒議決に通底する考え

3 日弁連・懲戒委員会の懲戒議決に通底する考え日弁連・懲戒委員会は、(1) 民法1015条の「遺言執行者...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者制度は機能しているか?② 弁護士の総意(日弁連総会議決)は、反対意見

2 弁護士の総意(日弁連総会議決)は、反対意見 日弁連総会は,平成16年、日弁連規則を改正し,平成13年に...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者制度は機能しているか?① 日弁連・懲戒委員会の遺言執行者観は相続人代理人説

1 日弁連・懲戒委員会の遺言執行者観は相続人代理人説 日弁連・懲戒委員会は,平成13年,「全遺産を相続...

[ 相続判例法理 ]

遺言執行者とは何者か?④ 会社の清算を遺言執行者に託した遺言書の例

次の遺言書は,遺言書実務で書かれた遺言書の一つです。遺言書 遺言書 私,凸山太郎は,次のとおり...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ