コラム

 公開日: 2011-04-28 

相続 160 特定の推定相続人に対し何も相続させたくないときの遺言事項

1 直接的な文言では、遺言は無効
特定の推定相続人Aに対しては、何も相続させたくないと考え、
「遺言者は相続人Aには何も相続させないこととする」
と遺言を書いた場合、その遺言は無効になります。
そのような遺言を有効とする根拠がないからです。

2 相続人廃除の意思表示をする遺言は可能だが、廃除理由がないと無効
相続させたくない理由が、民法892条でいう「被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったとき」に該当すると思えるときは、その具体的な内容を遺言書に書き、また、遺言執行者を指定するのが良いでしょう。この場合は、相続開始後、遺言執行者が、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求してくれることになります。
「遺言文例」
第○条 長男太郎は、お金の無心を繰り返し、遺言者がお金を渡さないときは、遺言者をしばしば侮辱し、遺言者が病気で寝ているときに足蹴にして暴行を加えるなど虐待を続けているので、長男を相続人から廃除する。
第○条 遺言者は、この遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。

3 何も相続させたくない推定相続人に相続人廃除の理由がないとき、あるいは廃除理由が弱いと思えるとき

この場合は、予備的に、その相続人の遺留分を侵害しない範囲で、遺産分割方法の指定により特定の財産を相続させるようにしなければなりません。
遺留分を侵害しない範囲の相続分の指定ですますと、他の相続人と遺産分割協議をしなければならないことになり、紛争を生じさせるリスクがあります。

4 遺言文例
第○条 第○条による相続人廃除が家庭裁判所で認められない場合は、遺言者は、下記の財産を長男に相続させる。
この財産は、遺言者の全財産のほぼ1/8の価値を占め、長男の遺留分を侵害するものではないと考えるので、長男には不満であっても、第○条に書いたような事情も考慮し、納得して欲しい。

5 財産の選び方
何も相続させたくない相続人へ、やむを得ず、一定の価値ある財産を相続させるのですから、他の相続人にとって重要度の少ない財産、換金性の乏しい財産から順に選んでいくことになると思われます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
学者さまと弁護士 その1

学者さまと弁護士 本年6月1日より、私の大学時代からの友人である 後藤紀一 弁護士が、当事務所の一員になり...

[ 会社関係法 ]

監査等委員会とは?

1 株式会社の監査機関 平成26年に会社法が改正され、株式会社の監査機関として、「監査等委員会」を設置する...

[ 会社関係法 ]

共同保証人間の求償権の趣旨・消滅時効中断事由に関する初判例

最高裁判所平成27年11月19日判決の紹介時系列的事実関係⑴ 信用保証協会Aと主債務者会社の代表取締役Bが、銀...

[ 民法雑学 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ