コラム

 公開日: 2018-07-09 

コーポレートガバナンス・コード改革が動き始めた① 子会社を上場させるなという意見が出始める

1 子会社の上場は認めるべきではないという意見
2018/6/29付日本経済新聞の「株主解剖(2)親子上場 ゆがみ突く 経営改善、ファンドが要求」によれば、 親会社と子会社の双方が上場することは欧米でほとんどみられない日本独特の資本政策であり、これは企業統治や株価形成の面で問題も多く、投資家から見直しを求める動きが相次いでいると報道されていますが、具体的なケースとして、物言う株主の一社である大和住銀投信投資顧問のファンドマネージャーが「親会社は上場子会社の株式を買い取って完全子会社にするか、持ち株を売却するか明確にすべきだ」との意見が表明されているようです。

これらのマスコミの論調やファンドマネージャーの意見は、要するに、子会社は親会社が安定株主となっているので、いわゆる「物言う株主」の批判に曝されることによって成し遂げるべき会社の改革ができないじゃあないか、という考えから出たものと思われます。

この動きは、上場会社には安定株主の存在を認めない。上場会社の経営陣は、業績を上げればストックオプションなどで大きな利益を得るチャンスがあるが、業績が悪ければ解職も覚悟すべきだ。という、コーポレートガバナンス・コード改革によって触発された意見であると思われます。

今後、このような意見は増え、次の問題になっていくことは必至でしょう。
注目したいと思います。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
一 将の能にして・・・⑥ 漢の軍は、人材の淵藪であった。

漢の軍は、人材の淵藪であった。 淵藪とは、「淵」が魚の寄り集まる場所、「藪」が鳥獣の寄り集まる場所をい...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

一 将の能にして・・・⑤ 大廈の材は一丘の木にあらず

大廈の材は一丘の木にあらず これは「孫子」の言葉ではありません。 意味は、大きい建物の材木は、そのあ...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

一 将の能にして・・・④ 勝因と敗因

4 勝因と敗因 楚漢の戦いの勝因、敗因は何であったのか? 「将の能にして、君の御せざる者は勝つ」と...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

一 将の能にして・・・③ 垓下の戦い

3 垓下の戦い やがて、舞台は、項羽と劉邦の最後の戦いになった、垓下の戦いに移ります。 項羽が率い...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

一 将の能にして・・・②張良、韓信、陳平、蕭何

 次に韓信がいます。 彼は軍事の天才です。故事成語にまでなった背水の陣を敷くなど、それまでの常識を覆...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ