コラム

 公開日: 2018-06-21  最終更新日: 2018-06-27

ウインストン・チャーチルに学ぶ② ウインストン・チャーチルとヒトラー

2 イギリスとヒトラー
(1) ウインストン・チャーチルの予言
1932年7月、ウインストン・チャーチルは、先祖である初代マールバラ公の古戦場めぐりの旅に出た際、ドイツのミュンヘンに行きます。
ここで、国家社会主義ドイツ労働者党(国会での第一党)の党首であるアドルフ・ヒトラーの側近から、ヒトラーとの会談を勧められ承諾しました。
しかし、チャーチルが、このヒトラーの側近に「なぜヒトラーはユダヤ人を、しかもユダヤ人であるという理由だけで迫害するのか」と質問したことが、ヒトラーの機嫌を損ねたらしく、会見は実現しませんでした。

 ウインストン・チャーチルは、このとき、ミュンヘンの街を、ナチスの若い親衛隊隊員が、報復を叫びながら興奮して行進していく様を見、同年11月23日、イギリス下院で、ドイツの報復主義に駆られた若者が、いつか必ず、フランス、ベルギー、ポルトガル、チェコスロバキア、ユーゴスラビアなどを侵略し、これら国々を危険にさらすであろうと予言し、イギリスも軍備を増強して備えるべきことを獅子吼して警告しますが、政府は相手にしません。

(2) ヒトラー、政権に就くや、他国を侵し始める
このウインストン・チャーチルの下院での演説2か月後の1933年1月、ドイツにヒトラー首相が生まれます。
ヒトラーは、翌1934年に、ドイツの大統領権限を兼ねた国家元首になり、1935年、ヴェルサイユ条約の破棄を宣言して再軍備を開始します。
1938年3月、ドイツは、同じ民族国家のオーストリアを併合し、ズデーテン地方(チェコスロバキア領)のドイツへの割譲を要求し始めました。

(3)イギリス政府の対応
1936年6月、イギリス(ボードウィン内閣)は、ドイツと英独海軍協定を結び、ドイツの再軍備を承認します。
ドイツのズデーテン地方のドイツへの割譲要求に対しては、無視しました。

(4) イギリスのとった融和策と王室と国民の考え
イギリス(チェンバレン首相)は、ナチス・ドイツとの間で、1938年9月、ミュンヘン協定を結び、ドイツにそれ以上の領土の要求をしないと約束させたうえで、ズデーテンのドイツ領有を認めます。
このチェンバレンのミュンヘン協定の締結は、イギリスの王室、国民とも、大喜びです。
イギリスとドイツが、戦争をすることはなくなったと考えたからです。
イギリス国王ジョージ6世は、ミュンヘンから帰ってきたチェンバレン首相に対し、国王夫妻と共に、バッキンガム宮殿のバルコニーから、国民の歓呼に応える特権を与えたほどです。

(5)ナチス・ドイツのさらなる侵略
ドイツ軍は1939年9月1日にポーランドへ侵攻を開始しました。
国内でも、ナチスは、ユダヤ人、自由主義者、社会主義者、共産主義者、キリスト教の指導者を、殺害、投獄、国外追放などしています。特に、ユダヤ人に対しては、民族の絶滅を目的に殺戮し、ドイツのホロコーストでは、第二次世界大戦が終わるまでに、730万人のユダヤ人のうち570万人が殺されています。

(6) イギリスのした宣戦布告
事ここに至って、チェンバレンも下院議員からの突き上げを受け、1939年9月2日にドイツに宣戦布告します。続いてフランスもドイツに宣戦布告し、ここに第二次世界大戦が開かれました。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
一 将の能にして・・・②張良、韓信、陳平、蕭何

 次に韓信がいます。 彼は軍事の天才です。故事成語にまでなった背水の陣を敷くなど、それまでの常識を覆...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

一 将の能にして、君の御せざる者は勝つ①

これまで書いて来た「孫子」に関するコラムを、整理しました。いずれ一冊の本にし、その第一章とするつもりです...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

ポレートガバナンス・コード改革が動き始めた② 代表取締役の解職をクーデターというのは、昔の話

数年前のことです。川﨑重工の会長、社長、常務取締役が、他の取締役とは内密で、三井造船と合併の話合いをして...

[ 会社関係法 ]

コーポレートガバナンス・コード改革が動き始めた① 子会社を上場させるなという意見が出始める

1 子会社の上場は認めるべきではないという意見2018/6/29付日本経済新聞の「株主解剖(2)親子上場 ゆがみ突...

[ 会社関係法 ]

ウインストン・チャーチルに学ぶ⑧ 歴史を見る冷徹な目

第二次世界大戦発生の原因 1 勝者の愚行 チャーチルは、戦後彼が書いた「第二次世界大戦」(随想録)に、...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ