コラム

 公開日: 2018-05-30 

変わる上場会社の経営の在り方

コーポレートガバナンス・コードの策定と実施、その後3年間の運用の実態、そしてアメリカ資本の要求を受け入れた改訂の中身を見る限り、これからの上場会社の経営については、次のことが予測されます。

⑴ 株主提案の増加とそれに賛成する株主の増加
 実例も出てきています。三井住友信託銀行は、前年は株主提案の全部に反対していたのが、今年の1~3月にあった株主総会では、株主提案の53%に賛成しています(2018年5月25日の日経新聞から)。

*株主(ここでは「もの言う株主」。つまりは内外の機関投資家、特にアメリカの機関投資家)の提案の多くは、増配ですので、これからは、増配する上場会社が増えてくると思われます。

⑵ 安定株主が存在しなくなる
いわゆる持合株式の解消は、コーポレートガバナンス・コードが強く訴えていたことですが、改定版はそれを一段と強める内容になっています。

このことから、経営者の保身に役立ってきた持合株式、つまりは安定株主といわれる存在はやがてなくなるものと思われます。
*上場会社の経営陣は、成果を出さないと再任されなくなるなど、今までより不安定な身分になっていくと思われます。

⑶ 敵対的買収防衛策の廃止 → 企業買収が増える → 株価が上がる
上場会社が敵対的買収策の廃止に動いてきました。そのような動きを見せる会社の株価が上がっています。

実例としては。昨年防衛策を廃止した日本瓦斯の株価が1年間で6割も上昇したこと、また、帝人や阪急阪神ホールディングスも企業買収防衛策を廃止した後株価が上昇したことが報じられています。

*なお、今後、改訂後のコーポレートガバナンス・コードに後押しされて、上場会社に対する買収攻勢が起こってくると思われます。

⑷社外取締役の増加
コーポレートガバナンス・コード策定持は最低2名の社外取締役が求められていましたが、改定版では、取締役総数の1/3以上に増やされています。  将来的には、アメリカ型の指名委員会等設置株式会社なみに、上場会社の取締役総数の過半数は社外取締役にすることが求められるものと思われます。
現実に、多くの上場会社が社外取締役を置くに至っております。

⑸ 取締役の選任権と取締役の報酬額の決定権が、社外取締役に握られる

現在、アメリカ型の指名委員会等設置会社は、社外取締役が過半数を占める指名委員会によって、会社の経営陣が決められ、取締役の報酬は報酬委員会によって決められていますが、コーポレートガバナンス・コードは、他の機関設計をしている会社(監査役会設置会社と監査等委員会設置会社)にも、任意の諮問機関として、指名委員会や報酬委員会類似の委員会を置くことを、求めていますので、やがて、上場会社の多くは、それに従った委員会を置くことになると思われます。

*そうなりますと、会社の支配者が現在の経営陣から、社外取締役に代わる可能性がでてきます。
⑹もの言う株主の力が強くなる

以上⑴から⑸までの変化は、すべて、「もの言う株主」すなわち、内外の機関投資家の要求により受け入れたものばかりです。これからは、機関投資家の発言力は一段と強まるものと思われます。

⑺ ESG(環境・社会・ガバナンス)を考慮した投資が増える
これは、コーポレートガバナンス・コードの第二の基本原則が力を入れている部門です。ESGに投資する上場会社の株価が、他の会社に比べ、相当程度上昇していることも報じられています。

*この部門では、他にも女性の取締役を増やすことを推奨していますので、上場会社では、女性取締役も増えるであろうと思われます。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
妻の愛情、鉄をも溶かす

これは訴訟にまでなった事件です。夫は、妻とは性格の不一致があり、破綻しているので、どうしても離婚したいと...

[ 離婚 ]

賢い親になれ!ゆめ、子の夫婦仲を裂くなかれ!

ある母と子の会話です。夫の母親は、若い嫁が未熟に見えてなりません。そこで、息子に言います。母 「なあ...

[ 離婚 ]

ニュースレターがWEB上でご覧になれます
イメージ

弁護士法人菊池綜合法律事務所では,事務所のお知らせや法律に関する記事を掲載したニュースレターを不定期に発行し...

[ その他 ]

ウインストン・チャーチルが首相になるまで

1 保守党への復党と財務大臣就任と空位の時期ウインストン・チャーチルは、その後、民主党から保守党に戻り...

離婚は冷静に

喚きあい、罵りあってする離婚話は、無用な争いを起こし、エネルギーと時間を浪費するだけで、良いことは何もあり...

[ 離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ