コラム

 公開日: 2018-05-07 

一般財団法人の理事長を頼まれた人の心構え

Q 私は、ある一般財団法人の理事長になることを頼まれた者ですが、どうも私の名前だけが必要のようでして、私は、実際にはなにもしないでよいということです。しかしながら、理事長ということになれば、責任も伴うと思いますので、そのあたりのことを教えていただきたいのですが?

A 一般財団法人(公益財団法人であっても同様)の理事長は、株式会社の代表取締役と同じように考えてよいでしょう。なお,以下では,一般財団法人に関する規定を説明いたします。

2 理事の権限
 理事会非設置一般財団法人では,定款に定めがある場合を除き,理事は法人の業務執行権限を有します。理事会設置一般財団法人では,理事は3人以上でなければならず,その全ての理事で理事会が構成されます。理事会は,法人の業務執行の決定,理事の職務執行の監督,代表理事の選定及び解職を行うとされています。理事を取締役と,理事会を取締役会と置き換えてみていただければ分かりやすいでしょう。理事長になれば,業務執行の権限を有することになります。

3 理事の責任
 理事には,善管注意義務と忠実義務がありますので,理事として相当な程度の注意を尽くして業務を遂行しなければなりません。また,法令,定款を遵守して,一般財団法人のために忠実にその職務を行わなければならなりません。

(1)理事の競業と利益相反取引は制限されます。理事が競業取引等を行う場合には,事前に理事会の承認を得なければなりません。また,理事は,財団法人等に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見した場合には,その事実を監事に報告しなければなりません。

(2) 内部統制システムの整備義務
 ところで,理事の責任に関して内部統制システム(理事の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他一般財団法人の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制)の整備が問題になることがあります。内部統制システムを整備している会社の場合は,想定外の不祥事については,取締役に責任はないとされています(想定内の不祥事については取締役に責任があるとされます)。内部統制システムを整備していく必要があるかと思います。
 会社法上は,大会社及び指名委員会等設置会社の場合,内部統制システムを整備する義務があります。財団法人についても,大規模一般財団法人である理事会設置一般財団法人は内部統制システムの整備が義務付けられています(法197条で準用する90条4項5号及び5項)。なお,大規模一般財団法人とは,最終事業年度に係る貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上である一般財団法人をいうとされています(法2条2号)。
 また,内部統制システムの整備義務は,平成29年の地方自治法の改正で自治体にまで及んでいます。会社に関しては,大会社等でなくても,内部統制システム整備義務が類推適用される可能性があるとされていますので,大規模一般財団法人ではない財団法人であっても,同様に内部統制システムの整備義務が求められる可能性はあるでしょう。

4 訴訟等のリスク
 以上にかかる任務懈怠があれば,理事や理事長は、財団法人との関係で損害賠償責任を負う場合があります。
 また,第三者に対する責任が発生することもあります。理事がその職務を行うにあたり悪意または重大な過失があった場合には,これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負うとされています。計算書類等の虚偽記載などがあった場合も同様です。
 会社法に関する判決ですが,昭和44年11月26日の最高裁大法廷判決によれば,代表取締役が,他の代表取締役その他の者に会社業務の一切を任せきりとし,その業務執行に何等意を用いることなく,ついにはそれらの者の不正行為ないし任務懈怠を看過するに至るような場合には,自らもまた悪意または重大な過失により任務を怠つたものと解するのが相当である,と判示されています。名目的な理事長である場合でも対第三者責任が生じるおそれがありますので,ご注意ください。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
与える

私たちは、得るものによって生計を立てるが、与えるもので生き甲斐をつくるWe make a living by what we get, bu...

[ 大切にしたいもの ]

株式評価方法

これは過去に、このコラムで書いたことのある記事ですが、再度ここに書いておきます。株式評価方法 1-1,イ...

[ 会社関係法 ]

3 新会社法の特徴

3 会社法の特徴平成17年制定された会社法は、国会での審議で多くの付帯決議がなされた。そのうち重要なもの...

[ 会社関係法 ]

2 会社法の条文構成

2 会社法の条文構成これは第一編から第七編にわたる。第一編「総則」 第一章として、すべての種類の会...

[ 会社関係法 ]

1 会社法制定の理由

1 新会社法の制定の理由平成17年に単行法としては、初めて「会社法」が制定された。その理由は、多岐にわ...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ