コラム

 公開日: 2018-01-19 

金庫株って、何だい?②

3 金庫株解禁の理由および利用方法
菊池: だけど、金庫株の保有は解禁されたんだよなあ。理由は何だい。
後藤: それは金庫株を解禁した平成13年という時代を見るとよく理解できるよ。つまり、これ以前には一時4万円に届きそうな勢いであった日経ダウ平均株価が、平成13年にはなんと8000円ほどに暴落しただろう。この結果、会社は資金調達に困難をきたしたが、それだけでなく、外国企業は、価格が安くなった日本の会社の株式を、ピーク時の4分の1以下の価格で買収できることになったんだ。そこで、政府・自民党は、買収阻止の目的で、上場株の価格を上げることを重要政策課題として、金庫株の保有を解禁したんだ。
もちろん、金庫株の解禁によってもたらされる効果は、株価の値上がりだけではなく、以下のようにいろいろあるので、現在は、目的に応じて、利用されているよ。
第一は、ストック・オプション(stock option)のための利用だ。ストック・オプションとは、会社の経営者や従業員等が自社株を一定の価格で購入できる権利をいい、将来株価が上がれば、この権利を行使して株式を取得して市場で売却する。そうなると利益を得ることができるだろう。そのようなインセンティブ報酬としての利用だよ。つい先日、アメリカのアップル社が従業員に、賞与としてストック・オプションを与えると発表した(発表は平成30年1月18日、つまり昨日)が、あれだよ。
第二は、株式交換、会社分割、合併などの企業再編のときの対価として、あらかじめ保有しておくためだ。
第三は、敵対的買収に対する防衛のために利用する。一定の限度であるが、発行会社は、敵対的企業買収者が現れた場合には、保管している金庫株を自己と提携している会社等のいわゆる「ホワイトナイト(友好的企業)」に買ってもらうことによってこれを防ぐこともできるんだ。
第四は、残存している(転換社債型)新株予約権付社債権者から新株予約権の行使があったときは、金庫株を交付することができる。  
第五は、従業員持株会への売却のためだ。

4 議員立法で、迅速な改正
菊池:法律の改正は、ずいぶん時間がかかるだろうに、金庫株の解禁という法律の改正は迅速にできたようだねえ。何故なんだい?
後藤:会社法は、基本六法の一つであるから、通常なら、他の法律との調整などの必要もあり、学者を中心とした法制審議会の議を経てなされるものなんだが、金庫株解禁のときは、そんな悠長なことはできないと考えたんだろうね、議員立法によって、あっという間にできたんだ。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
内部統制システムとは何?② 会社法及び会社法施行規則で明文化

1 判決を受けての法の改正 昨日のコラムで解説したように、大阪地方裁判所は、平成12年9月20日、会社に...

[ 会社関係法 ]

内部統制システムとは何?① 法理が先で、条文は後

1 大和銀行事件判決の中で生まれた概念1995年大和銀行のニューヨーク支店の行員某が、アメリカ国債の簿外取引...

[ 会社関係法 ]

定期建物賃貸借契約締結上の注意メモ

会社と会社との間の契約でアドバイスした内容例1 契約締結前にすること → 当該契約が定期建物賃貸借契約であ...

[ 契約書 ]

テレビ報道等が名誉毀損になる場合③ 事実摘示か法的評価か?

最高裁判所第二小法廷平成24年3月23日判決は、次のような事案で「法的評価」か「事実の摘示」かで、争われた事件で...

[ 民法雑学 ]

本日の新聞報道より

1 会社法改正試案まとまる本日の新聞には、社外取締役の義務化、株主提案権の回数の制限などが議論され...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ