コラム

 公開日: 2018-01-06 

親会社から子会社に出向する従業員の給与が高い問題

Q 当社(親会社)から子会社に出向する当社の従業員の給与が、子会社の従業員の給与より1何割程度高いという現実がありますが、その他の労働条件は全く同じという場合に、問題はありますか?とくに、当社の従業員が子会社での長期勤務を希望しているときなど、同一労働同一賃金が確保できなくなりますので心配です。
A 
1 均等・均衡待遇に関する、現時点での規制
⑴ 親会社と子会社の間
 現在のところ,親会社と子会社との間で、同一労働同一賃金を定めた規定はありません。
⑵ 非正規労働者と正規労働者の間
 同じ会社(親会社であれ子会社であれ)で、非正規労働者と正規労働者との間では、労働条件の均等・均衡待遇が要求され、有期労働契約における労働条件の不合理な差別禁止の規定(労契法20条)の適用を受けますので、これに違反すると,差別的待遇を理由とする損害賠償請求が認められる場合が生じます。
⑶ パート労働者と正規労働者の間
 また,通常の労働者と同視すべきパート労働者に関して差別的取り扱いを禁止する規定も導入されています(パートタイム労働法9条)。
⑷ 派遣労働者と正規労働者
 さらに,派遣労働者についても均衡待遇が求められるようになってきています(もっとも、現在のところはまだ努力義務ですが)。
⑸ 現時点での回答
 以上のとおり、現時点では,出向した従業員と出向先の従業員との賃金格差を直接的に規律する規定は存在せず、また、親会社の従業員と子会社の従業員間に労働契約法20条の類推適用をするべしとの見解もないようですので、ご質問の回答として、貴社の扱いは違法な状態ではありません。
⑹ 今後の対応
 現在,同一労働同一賃金法案が検討され、厚生労働大臣に対する建議書が提出されています。法案の要綱はまだ作成されていないようですので、その具体的内容は把握できていません。今後、一般的な差別待遇禁止の条項などが設けられる可能性もありますが、ご質問のような親会社の従業員が子会社に出向した場合の賃金格差について、具体的にどのような規制がなされるのかは分かりません。
 今後は、立法の動向もにらみながら,同一場所での同一労働については、給与等の待遇の格差が生じないようにしていくのが望ましいようには思います。また、格差が生ずる間は、親会社から出向する従業員の数を減らし,子会社の従業員を増やしていくしかないように思います。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
就業規則の変更が、労働組合が同意していている場合でも無効になるとき

最高裁第一小法廷平成12年9月7日判決は、特定の年齢層の従業員(60歳定年制の下で55歳を超えた銀行の行員...

[ 労働 ]

金融機関から見た不良債権の意味と分水嶺

1 不良債権 不良債権とは、金融庁の「金融債権マニュアル」における区分のうち、(ア)破綻先債権(法的・...

[ 民法雑学 ]

独禁法でいう課徴金算定の基礎となる売上額の意味

1 完成品の売上げの中に含まれる、取引相手方から購入した部品の購入原価も含まれる 公正取引委員会平成29...

[ 会社関係法 ]

独禁法上の課徴金の趣旨・額の算定・売上額について

最高裁判所第三小法廷平成17年9月13日審決取消請求事件判決は、1 独禁法で定める「独禁法の定める課徴金の...

[ 会社関係法 ]

株主は、真に契約の当事者として申込をした者

株主は、名義貸与者ではなく、名義借用者というのが判例昭和42年11月17日最高裁第二小法廷判決は、「他人の...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ