コラム

 公開日: 2017-11-16  最終更新日: 2017-11-18

哲学とは何?

 ここまでに、徳川家康の残した処世訓のこと、法の箴言のこと、を書いてきたが、処世訓も箴言も、実に意味深い言葉になっている。それは、その言葉を作り出した人の、経験と学問によって得た知識と、そこから生まれた知恵の作用だといってもよいであろう。
 アレキサンドル・デュマは、「哲学とは,あらゆる学問とあらゆる経験の双和なのだ。」というのであるから、処世訓も箴言も、哲学が導き出した人生行路の道標、といえるのかもしれない。

さて、ここに哲学者を自認する者が、哲学の力で依頼者の捜し人を捜し得たという話があるので、紹介しよう。
これも小説(シェンキェーヴィチ作「クオ・ワディス」) での話しであるが・・・・・。

時代は西暦一世紀のこと、場所は暴君ネロ帝が支配していた古代ローマ。
この小説の主人公は、リギヤという一人の少女。リギ族の姫君である。
ある時、ネロ帝の寵臣の甥に当たる貴族ウイニキウスが、リギアを一目見、たちまち、そのギリシャ的・彫像的な美しさに惹かれ恋をした。
その後、リギアは姿を隠す。
恋心をいだいたウイニキウスは、リギアを捜すが容易に見つからない。
そこへ、自らギリシャ人の哲学者を名乗るキロンという人物が来る。
キロンは、リギアがかつて魚の絵を砂の上に描いていたという一事から、その絵に込められた意味を解き、推論に推論を重ねて、リギヤの行方を突き止めていった。
この時、キロンは、リギアを発見したのは哲学の力だというのであった。

だが、作者シュンケビッチは、“哲学よりも徳義を学べ”とキロンに向って言う。
それは、キロンがかつて友人(医師)を強盗に襲わせて瀕死の重傷を負わせ、その財産を奪い、かつ、友人の妻子を奴隷として売り飛ばした、悪徳漢であったからである。
  
ここで、哲学者を自認するキロンのために一言弁護しておきたい。
悪徳漢であったキロンではあるが、彼は、リギアの行方を追ううちに、キリスト教徒たちの生き方を見、使徒ペテロやパウロに接し、また、上記友人から命を助けられたうえ、“我、汝を赦す”と言われたことなどから、良心の芽ばえといおうか、心に変化が生じてき、ローマ大火の犯人とされて闘技場で生け贄にされる、キリスト教徒たちの、あまりに残酷な見世物として死を目にした時、突然、その不条理を怒り、闘技場にいた多くのローマ人に向かって、皇帝ネロが最も恐れること、すなわちローマ大火の原因になった放火はネロの命令でなされたことを、ネロを指さしながら、告発したのである。
その結果、キロンは、その場で火あぶりに処されたが、不思議なことに、キロンの心は、その瞬間が、最も豊かで、かつ、平静であったものらしい。
この心の変化、改心とでもいおうか、は、無論、哲学によるものではない。

 なお、事のついでに、この小説の主人公リギアの運命にも触れておく。

ネロは、リギアを捕らえ、ローマの闘技場で猛牛の角に縛り付けたまま、猛牛をしてリギアの忠実な僕(しもべ)巨人ウルススを襲わせた。
ウルススは、闘技場の中央で、驀進してくる猛牛の角を押さえ、猛牛の動きを止め、猛牛とどちらが先に力が尽きて敗れるかの戦いを始めた。
猛牛は、土を蹴っても前に進めず、ウルススは、足が土にめり込むほどに猛牛に押されながらも、一歩も下がらず、いずれも体の筋肉をはち切れそうになるほどにうねらせて、力の限り押し合うが勝負がつかない状態になった。
しかし、やがて、闘技場の観客数万の中から、大きな感動の声が、雲霞のごとく湧き上がると共に、観客総立ちとなって、手の親指を上に挙げ、ウルススを助けよ!ウルススを助けよ!との声声声の波がわき揚がった。
その直後、ウルススが渾身の力を振るうと、ボキッという音がして猛牛の頸の骨が折れて勝負がついた。
その結果を見、群衆の叫びを聞き、暴君ネロは、ウルススとリギアを開放するほかなく、かくてリギヤは救出されたのである。

この後の小説の展開は、書籍でご覧いただきたい。

 小説、「クオ・ワディス」は、作家シェンケビッチが、第一次世界大戦前の、大国によるポーランド分割などの支配を受け苦悩している自国民ポーランド人を、古代ローマ時代のキリスト教徒に擬し、ネロやその一味を、ヨーロッパ世界を覆う暴力の勢力(当時は弱肉強食の時代)に擬し、ポーランド国民の勇気を鼓舞するため書いたとされる小説である。
シェンケビッチは、同書その他に書かれた叙事詩的名文により、ノーベル文学賞を受賞しているほどの作家である。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
民法改正が賃貸借契約に与える影響 4 原状回復の内容は具体的に書く

1 原状回復費用には自然損耗分は入らない 改正民法621条は、「賃借人は賃借物を受け取った後にこれに生じた損...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 3 賃料が当然に減額となる場合(改正)

1 民法611条の改正内容改正された民法第611条は、1項で、「賃借物の一部が滅失その他の事由により使用及び...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 2 賃借人の修繕権(新設)

1 修繕権の創設改正民法607条の2は、「賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、その修繕...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 1 賃貸借期間が伸長された

ガソリンスタンドの設置目的などに朗報1 現行法は20年、改正法は50年借地借家法の適用のない賃貸借契...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

他人の研究論文の模倣ないし盗用と私立大学の使用者責任

 知的財産高等裁判所平成27年10月6日判決は、・大学又は大学院の教員が行うすべての学術論文の執筆,発表...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ