コラム

 公開日: 2017-10-16 

顧客名簿と営業秘密

Q 当社の営業担当の従業員が、退職後、競争会社に入社し、当社の顧客名簿を利用して、営業活動をしています。なんとか手を打つことはできませんか?

A 貴社の顧客名簿が、不正競争防止法の要件を満たしておれば、可能です。

1 三つの要件
 不正競争防止法2条6項は、この法律において「営業秘密」とは、秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないものをいう、と規定しています。ここから、 秘密管理性、有用性、非公知性の三つの要件を充たす場合は、顧客名簿(顧客の名称、住所、連絡先、過去の取引実績及び支払状況等を書いたもの)は、営業秘密とされますが、電話帳より抜粋した顧客名簿であっても、電話勧誘の際の反応、成約に至る見込みなどを記載したものは、やはり営業秘密になります。

2 秘密管理性
 問題は、3要件のうちの秘密管理性要件を充足しているかどうかです。
アクセス制限をし、かつ、従業員との間に、秘密保持契約を結んであれば、秘密管理性が認められますが、アクセス制限をせず、誰でも入手できる顧客名簿は秘密管理性は認められません。秘密保持契約の締結も必要です。

3 刑事事件になった具体例
 営業秘密を盗用した場合は、刑事制裁が科されるほどの犯罪になりますが、東京地方裁判所立川支部平成28年 3月29日判決(控訴審東京高等裁判所平成29年3月21日判決も)は、刑事事件ですが、勤務先の営業秘密である顧客情報合計約2989万件を自己のスマートフォンに複製し、そのうち1000万件余りを名簿業者に売却して流出させたという不正競争防止法違反の事案において、本件顧客情報を管理する方法が、アクセスできる者を制限し、従業員との間に秘密保持契約を締結するなど、情報の秘密保持のために必要な合理的管理方法をとり、顧客情報にアクセスする者がその情報が管理されている秘密情報であると客観的に認識可能である場合は、秘密管理性の要件を充足していると認定され、実刑判決を受けています。

1 結論
以上の3要件を満たしておれば、貴社は、元従業員に対し、民事事件として損害賠償請求もでき、刑事告訴もできます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
金庫株って、何だい?①

1 意味菊池: のう、後藤!金庫株という言葉があるだろう。意味は何だい?後藤: 金庫株というと、いかに...

[ 菊池と後藤の法律実務レポート(企業編) ]

就業規則の変更が、労働組合が同意していている場合でも無効になるとき

最高裁第一小法廷平成12年9月7日判決は、特定の年齢層の従業員(60歳定年制の下で55歳を超えた銀行の行員...

[ 労働 ]

金融機関から見た不良債権の意味と分水嶺

1 不良債権 不良債権とは、金融庁の「金融債権マニュアル」における区分のうち、(ア)破綻先債権(法的・...

[ 民法雑学 ]

独禁法でいう課徴金算定の基礎となる売上額の意味

1 完成品の売上げの中に含まれる、取引相手方から購入した部品の購入原価も含まれる 公正取引委員会平成29...

[ 会社関係法 ]

独禁法上の課徴金の趣旨・額の算定・売上額について

最高裁判所第三小法廷平成17年9月13日審決取消請求事件判決は、1 独禁法で定める「独禁法の定める課徴金の...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ