コラム

 公開日: 2011-03-07 

林原と会社更生法 6 S電器の管財人の悔い


1 桑田変じて蒼海となる
眼前に、青々と豊かに茂って見えた広大な桑田が、瞬きをした瞬間、藍よりも濃い滄海であった。そんな感じのする林原劇の幕開けであった。

2 桑田を滄海に変えた“負債”
いうまでもなく、林原という豊かな桑田を、何もない滄海に変えたものは、借金という水面である。
水面の嵩が高くなり、桑田を隠してしまった、と言えば、分かりやすいかもしれない。

3 企業には常に、滄海に没するリスクがある
無借金で経営できる企業は、数少ないであろう。
多くの企業、特に、時代のニーズを先取りし、果敢に攻めていく企業は、借金というエネルギーを持たなければ、立ちゆかなくなる。
その意味で、果敢な冒険精神を持つ企業の方が、林原同様、借金の水位があがって、そこに没するリスクが高い。

4 借金を恐れては、敗北を招く
いうまでもなく、借金を恐れては、何もできない。
借金を梃子に、一段と成長していくこと、成長を続けることが、企業には求められるのだ。

5 一度の水没で、企業は、生命を絶たれるのか?
そんなことはない。企業には、世の激浪に揉まれ、存亡の危機に陥ることはある。
1度の水没くらいで、生命を絶たれてはたまらない。

6 会社更生法は、企業の生命を絶つのか?
企業の生命を、外形に見える企業と見れば、生命を絶つことはしない。
しかし、企業を、それまでの経営者の誇りと見、財産を見るときは、多くの場合、その企業の生命を絶ってしまう。完膚無きまでに。
しかし、民事再生法の場合は、基本的には、後者の意味の、企業の生命も絶つことはしない。

7 S電器の法律管財人に残る悔い
S電器は、更生手続終結後、大きく変わった。高収益企業に変貌を遂げたのだ。
S電器の生命を、外形に見える会社と見れば、生命は絶たれなかっただけでなく、新たな成長を遂げることができた。
しかし、S電器を、それまでの経営者の誇りと見、財産を見るときは、S電器は、完膚無きまでに、その生命を絶たれてしまった。
外形に見えるS電器の再生と成長は喜ばしいことだ。
しかし、更生手続終結後のS電器の成長の原因が、それまで手塩にかけてきた経営者の夢や誇りや経営努力に(すべてではないが一部は)あったと考えるとき、S電器の経営者を新しく生まれ変わった会社の株主から排除したことに、法律管財人には、悔いが残った。

8 悔いは解消できたのか?
できた。
S電器の更生計画で、100%減資をしなくてもよかったのではないかという悔いは、解消可能であった。
例えば10億円超であった資本金を3000万円まで減資して、1億2000万円を増資することにして、その増資分を新しい株主に出資してもらえば、資本金1億5000万円のうち新しい株主は1億2000万円の株式を保有できるが、それまでの株主も3000株の株式を保有でき、ともにS電器の成長と発展を喜び得たのではないかという悔いである。
S電器の法律管財人には、S電器の更生手続終結後10数年を経、S電器の検討を耳にするたび、この悔いが蘇ってくる。

9 林原の場合
林原も、それまでの経営者や株主の功績が0ではないと思う。
そうであれば、管財人には、更生手続終結後の林原を、縁もゆかりもない第三者に、まるまる、無償に近い形で与えるような結果にはしないでいただきたいものである。
公平に、公正に、林原という会社を評価し、林原が岡山県民の財産であり、誇りである実態に目を向け、歴史に残る会社更生劇にしていただきたいものである。
S電器の更生管財人のような悔いの残らない。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
民法改正が賃貸借契約に与える影響 3 賃料が当然に減額となる場合(改正)

1 民法611条の改正内容改正された民法第611条は、1項で、「賃借物の一部が滅失その他の事由により使用及び...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 2 賃借人の修繕権(新設)

1 修繕権の創設改正民法607条の2は、「賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、その修繕...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 1 賃貸借期間が伸長された

ガソリンスタンドの設置目的などに朗報1 現行法は20年、改正法は50年借地借家法の適用のない賃貸借契...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

他人の研究論文の模倣ないし盗用と私立大学の使用者責任

 知的財産高等裁判所平成27年10月6日判決は、・大学又は大学院の教員が行うすべての学術論文の執筆,発表...

[ 民法雑学 ]

第3章 1概説 6遺言事項(3)遺贈
イメージ

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ