コラム

 公開日: 2011-03-01  最終更新日: 2011-03-11

相続 140 遺言執行者がいても、相続人全員が同意すれば、遺言とは異なる内容の遺産分割をすることは可能か?


1 可能です。
東京地裁平成13.6.28判決は、
①遺言執行者が指定されていて、
②遺言の内容が、相続分の指定を伴う遺産分割方法の指定である場合、
ア つまり、相続人Aには、例えば相続分を2/5とする、というように割合としての相続分を指定し(これが「相続分の指定」です)、
イ その相続分を得させるために、例えば、資産(甲)を相続させる、と具体的な財産を取得させる(これが「遺産分割方法の指定」です)遺言を書いていた場合、
③その遺言は、遺言執行者がいる場合、遺言のとおりにしなければならず、それと異なる内容の遺産分割協議をしても無効である。
④その理由は、民法1013条で、「遺言執行者がある場合には、相続人は、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができない。」と定めているからである。
としながらも、
⑤遺言と異なる内容の遺産分割協議は、遺言によって相続したものを、他の相続人に贈与したか、交換したものだと考えれば、民法1013条と抵触するものではない。
⑥これは、私的自治の原則に照らして有効な合意と認めることができる。
と判示し、遺産分割協議の有効性を認めています。

2 この判決は、結論は妥当ですが、理論的な説明には無理があるように思えます。
この判決は、民法1013条の「遺言執行者がある場合には、相続人は、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができない。」との規定を根拠に、相続人間で、遺言の内容と矛盾する遺産分割協議は無効だとしましたが、遺言の内容が相続分の指定の場合も遺産分割方法の指定の場合も、その遺言の内容を実現するのに、遺言執行者の遺言の執行を必要としない(このような遺言の場合に遺言執行者ができる行為はかなり限定されていること、本連載コラム「相続139」で解説しています)ものですから、そのような遺言の場合は、遺言内容と矛盾する遺産分割協議をしても、それは遺言の執行を妨げるものではないと端的に言い切った方が理論的であり、実際的であると考えます。

3 実際的という意味
上記の判決によれば、遺言の内容と矛盾する遺産分割協議は無効だが、遺言によってAが相続した財産(甲)を、無効な遺産分割協議によってBに取得させることは、Bが遺言によって相続した財産(乙)をB以外の者に与えているのだから、AやBが取得した財産は「贈与ないし交換的に譲渡する旨の合意をした」ことによるものだというのです。
しかし、このような理論構成をすると、具体的事案では、交換なのか贈与なのかを明確にしなければならず、課税問題も生じますし、不動産登記法上も、真実の取引経過が登記面に反映されないという問題も起こります。

なお、東京地裁平成10.7.31判決(その控訴審の東京高裁平成11.2.17判決も同旨)は、遺言執行者が遺言の内容と異なる遺産分割協議は無効であるとして遺産分割協議の無効確認を求めた事案において、遺言の内容が相続分及び分割方法の指定である場合は、遺産分割協議が遺言執行者の遺言の執行を妨げるものでないのであるから、遺言執行者には遺産分割協議の内容に立ち入る権利も義務もなく、遺言執行者には遺産分割協議の無効を確認する利益は認められない訴えを却下しましたが、この方が理論が明快であると思います。

4 国税庁のホームページより
平成22年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成されたものです。

遺言書の内容と異なる遺産の分割と贈与税
【照会要旨】
 被相続人甲は、全遺産を丙(三男)に与える旨(包括遺贈)の公正証書による遺言書を残していましたが、相続人全員で遺言書の内容と異なる遺産の分割協議を行い、その遺産は、乙(甲の妻)が1/2、丙が1/2それぞれ取得しました。この場合、贈与税の課税関係は生じないものと解してよろしいですか。
【回答要旨】
 相続人全員の協議で遺言書の内容と異なる遺産の分割をしたということは(仮に放棄の手続きがされていなくても)、包括受遺者である丙が包括遺贈を事実上放棄し(この場合、丙は相続人としての権利・義務は有していま。)、共同相続人間で遺産分割が行われたとみて差し支えありません。したがって、照会の場合には、原則として贈与税の課税は生じないことになります。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ