コラム

 公開日: 2017-03-19  最終更新日: 2017-07-08

遺言執行者は相続人の代理人ではない! いずれ民法1015条は削除されることになる

 民法1015条の「遺言執行者は相続人の代理人とみなす。」という規定を根拠に、遺言執行者は、相続人の代理人であるとの、謬説(誤謬の説・ドグマ)を唱え、ここから、民法1011条の遺言執行者の相続財産目録作成義務を、相続人の遺言執行者に対する権利だとの誤解に発展し、遺言執行者が相続人に相続財産目録を交付しなかったことを、懲戒理由とした日弁連懲戒委員会の平成13年議決。
また、このドグマから生まれた、次なるドグマ、「遺言執行者は、相続人の間に中立公正でなければならない。」という観念論により、相続人の廃除をする遺言執行者になることが、懲戒理由になるとした同平成21年議決。
 これらにより、遺言執行者実務は乱されてきていますが、ドグマを生んだ民法1015条は、近い将来、削除され、遺言執行者と相続人の関係は、代理人と本人の関係ではなく、遺言の内容を実現する者と、それを妨害してはならない者との関係であることが、規定上も明らかにされそうです。
 すなわち、法務省・法制審議会民法(相続関係)部会は、最初は、法制審議会民法(相続関係)部会第9回会議(平成28年1月19日)になりますが、遺言執行者の権限に関する民法1015につき、次のように書かれた資料が提出され、民法1015条の改正の必要性が問題として提起されました。
すなわち、
「 遺言執行者の地位(民法1015条関係)
遺言者の意思をその死後に実現することを職務(任務)とする遺言執行者の地位に応じた適切な規定ぶりに改めるべきである。現行法は遺言執行者を相続人の代理人とみなすと規定しているが,これを文字どおり捉える相続人との間でトラブルが生じることが少なくない。この規定は遺言執行者の行った行為の法的効果が相続人に帰属することを示すものと解されるが,一般市民に誤解を与える規定ぶりである。
そのため,遺言者の意思をその死後に実現することを職務(任務)とする遺言執行者の地位に応じた適切な文言に改めるべきである。たとえば,「遺言執行者が行った意思表示は,相続人に対して効力を生じる」とすることなどが考えられる。」というものです。
 そして、平成29年1月24日に開催された第17回会議で、「遺言制度に関する見直し」の一として、「遺言執行者の権限の明確化」が審議され、法律上も、遺言執行者の権限を明確化し、民法1015条を削除することが、ほぼ合意されるに至ったのです。

その内容は、部会資料17の 「遺言制度に関する見直し」の「第4 遺言執行者の権限の明確化等 」に書かれていますが、遺言執行者の一般的な権限等については、次のように書かれています。

1 遺言執行者の一般的な権限等
① 遺言執行者は,遺言の内容を実現することを職務とし,遺言の執行の妨害の排除その他の遺言の執行に必要な一切の行為をする権限を有するものとし,相続人は,遺言執行者がある場合には,相続財産の処分その他遺言の執行を妨げる行為をすることができないものとする。ただし,これをもって善意の第三者に対抗することができないものとする。
② 遺言執行者がその権限内においてした行為の効果は相続人に帰属するものとする(注)。
③ 遺言執行者が就職を承諾し,又は家庭裁判所に選任されたときは,その遺言執行者は,遅滞なくその旨及び遺言の内容を相続人に通知しなければならないものとする。
(注)現行の民法第1015条は削除した上で,遺言執行者について民法第108条が準用される旨を明らかにするものとする。
というものです。
これらの記載部分のうち、
①は正しい遺言執行者観を明らかにしたものです。
②は現行の民法1015条の正しい解釈とされているものです。

なお、資料17には、補足説明が書かれています。
(補足説明)
1 遺言執行者の一般的な権限等について
⑴ 遺言執行者の権利義務等について
現行法上,遺言執行者は相続人の代理人とみなすこととされているが(民法第1015条),中間試案では,遺言執行者の法的地位を明確にする観点から,遺言執行者は遺言者の意思を実現することを職務とする者であり,その行為の効果は相続人に帰属すると定めることとし,第1015条を削除するとの考え方を提示し,パブリックコメントにおいても大方の理解が得られたところである。
・・・(以下略)・・・

 これにより、近い将来、遺言執行者制度が、相続人のための制度ではなく、遺言の内容を実現するための制度であることの正しい理解と、遺言執行者と相続人との関係は、代理人と本人の関係ではなく、遺言の執行をする者と,遺言の執行を妨害してはならない者(悪意での妨害ではなく、知らずして結果的に遺言執行者の遺言執行を妨害する場合を含む。)の関係であること、の正しい理解が、広まり、現在の遺言執行者実務の混乱が正されていくことになるものと思われます。

なお、実は、法制審議会民法(相続関係)部会では、それ以前の第9回会議(平成28年1月19日)に提出された資料には、遺言執行者の権限に関する民法1015につき、次のように書かれております。
「 遺言執行者の地位(民法1015条関係)
遺言者の意思をその死後に実現することを職務(任務)とする遺言執行者の地位に応じた適切な規定ぶりに改めるべきである。
現行法は遺言執行者を相続人の代理人とみなすと規定しているが,これを文字どおり捉える相続人との間でトラブルが生じることが少なくない。この規定は遺言執行者の行った行為の法的効果が相続人に帰属することを示すものと解されるが,一般市民に誤解を与える規定ぶりである。
そのため,遺言者の意思をその死後に実現することを職務(任務)とする遺言執行者の地位に応じた適切な文言に改めるべきである。たとえば,「遺言執行者が行った意思表示は,相続人に対して効力を生じる」とすることなどが考えられる。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
徳川家康の前半生

 徳川家康は、戦国時代、三河の岡崎城主の子に生まれ、幼くして駿府の今川義元の下に人質となって辛酸を舐め、耐...

[ 格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ ]

人生の価値を創造する

人生の価値を創造する この言葉は、山岡荘八の小説「徳川家康」の中に使われている言葉です。 この言葉は、...

[ 格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ ]

取締役の「忠実義務」と「善管注意義務」

1 忠実義務 会社法355条は、「取締役は、法令及び定款並びに株主総会の決議を遵守し、株式会社のため忠実にそ...

[ 法令用語 ]

相続税の節税を目的とした養子縁組は、無効ではない

最高裁判所第三小法廷養子縁組無効確認請求事件平成29年1月31日判決は、 養子縁組は,嫡出親子関係を創...

[ 相続判例法理 ]

検索エンジンでの検索結果を削除する請求ができる場合

1 事実関係①Aは、児童買春,児童ポルノに係る法律違反の容疑で平成23年11月に逮捕され,同年12月に同...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ