コラム

 公開日: 2011-02-24 

相続 135 特定遺贈における遺言執行者の権利と義務


1 遺言執行者の権利義務
民法1012条1項は「遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。」と規定しています。
しかし、「遺言の執行に必要な一切の行為」をする権利と義務といっても、その内容は具体的には明確ではありません。そのため、遺言執行者の権利を狭く解するか広く解するかによって結論が異なるところから、見解の対立が生じています。本連載コラムでは、実務を支配している見解(判例)を知っていただくという見地から、この問題でも、判例を紹介いたします。

2 特定遺贈
⑴ 特定遺贈の対象になった不動産が、相続人によって相続登記された場合
被相続人が、特定の財産を、遺言によって、第三者に遺贈することはできますが、その被相続人が死亡した場合、遺贈財産を、被相続人の名義のままにしていたのでは、相続人が、相続を原因とする所有権移転登記をしてしまうかもしれません。そうなった場合でも、むろん、特定遺贈の方が優先されますので、相続人への所有権移転登記は無効であり、相続人はその不動産を受遺者に返還しなければならなくなります。
その場合、相続人に対し、相続人への所有権移転登記は無効であると主張できる者は誰でしょうか?
判例(大審院明治43.2.25判決)は、遺言執行者は、受遺者に対し、遺言の執行として、遺贈の目的物の引渡や所有権移転登記手続をする権利・義務があるので、Aに遺贈された不動産が、相続人Bの名義に所有権移転登記手続がなされているときは、Bに対し所有権移転登記の抹消登記手続を請求することができる、と判示しています。
なお、最高裁判所昭和62.4.23判決は、この場合は、遺言執行者だけでなく、受遺者も、Bに対する所有権移転登記の抹消登記手続を請求できるとしています。

⑵ 特定遺贈の対象になった不動産が、まだ被相続人の名義のままである場合
この場合は、受遺者は、その不動産の遺贈を受けその所有者になっています(これを「物権説」といいます)ので、その不動産の所有権移転登記をしてもらわなければなりませんが、その場合、受遺者は、誰に所有権移転登記手続を請求できるのでしょうか?相続人に対してでしょうか?遺言執行者に対してでしょうか?
判例(最高裁判所昭和43.5.31判決)は、この場合は、受遺者は、相続人にではなく、遺言執行者に対して所有権移転登記手続の請求をするべきだと判示しました。
その結果、受遺者への所有権移転登記手続は、遺言執行者と受遺者の共同申請によることになります。


⑶ Aに特定遺贈された不動産を、相続人のBが占有している場合、遺言執行者はその明渡の請求が出来るか?
東京地裁昭和51.5.28判決は、遺言執行者には、所有権移転登記手続だけでなく、遺贈の対象になった財産も、受遺者に引き渡す義務があるので、それができると判示しました。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
共同保証人間の求償権の趣旨・消滅時効中断事由に関する初判例

最高裁判所平成27年11月19日判決の紹介時系列的事実関係⑴ 信用保証協会Aと主債務者会社の代表取締役Bが、銀...

[ 民法雑学 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(後半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、①医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対す...

[ 労働 ]

労働 時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意の有効性について(前半)

 最高裁判所第二小法廷平成29年7月7日判決は、医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する...

[ 労働 ]

信用保証協会、二度目の最高裁判決

またまた、信用保証協会に不利な最高裁判決が出されました。2016-09-14付けコラムで紹介しました最高裁判所第三小...

[ 会社関係法 ]

立法論としての相続法⑬ 法制審議会で、民法1015条の字句を改めるべしとの意見出る

 現行の民法1015条は、「遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。」と規定しています。この字句から、遺言執行...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ