コラム

 公開日: 2016-10-18 

マイベストプロに書くコラムが,書籍を生む

今般,
「公用文と法令に学ぶ
漢字と平仮名・使い分けの法則」
~漢字は歌舞伎役者・平仮名は黒子~

を出版することになりました。

まえがき
平成22年11月30日付けで「常用漢字表」(内閣告示)が改正されたことに伴い,同日付けで「公用文における漢字使用等について」(内閣訓令)及び「法令における漢字使用等について」(内閣法制局長官決定)も改正されました。いずれも昭和56年制定以来の改正です。
 これら内閣告示,内閣訓令及び内閣法制局長官決定は,漢字と平仮名の使い分けの法則を定めたものです。
 
契約書は,権利や義務を定める文書ですので,当然,法令用語が使用されます。
したがって,契約書に書く語も,「常用漢字表」,「公用文における漢字使用等について」及び「法令における漢字使用等について」に従った書き方をしなければなりません。本書は,第1章で,その内容を紹介いたします。

漢字と漢字の使い分けも大切です。漢字には同音異義語が無数にあり,漢字ごとに意味が違います。漢字の選択を間違えると,伝えたいことが伝わらない場合が生じます。第2章では,漢字固有の意味や,平仮名で書く語を紹介いたします。

送り仮名が,動詞(例えば「明け渡す」)と名詞(例えば「明渡し」)で異なる漢字があります。同じ読み方をする,報酬の意味に使われる「手当」と,傷の「手当て」では,送り仮名の付け方が違います。このような送り仮名に関する約束事を第3章で紹介いたします。

本書は,公用文を書く場合や法令を定める場合,必ず守らなければならない約束事を書いたものですが,その約束事は同時に,一般の文や文章を書く場合にも妥当するものです。本書を,分かりやすい文章を書きたいと願われる,多くの人に読んでいただきたいと思います。
 
あとがき ― 国際社会と当て字 ―

現在,日本語は,日本人の間でのみ,意味が通じればよい,という時代ではありません。
日本を愛し,日本語の美しさを愛する外国人も,ずいぶん多くなっています。
漢字の使い方は,そのような外国人から見ても,理解できるもの,理にかなったもの,でなければなりません。

日本人の場合,「色々な考えがある」という漢字の使い方を見れば,長い慣用もあることから,「多様な考えがある」と理解できますが,はたして外国人に理解できるでしょうか?
外国人に理解してもらえる“理”というものがあるでしょうか?

当て字は,それを使う経験や慣用のない人には,理解できないのです。当て字の使用は,言わば,歌舞伎の舞台で,黒子が黒い衣装を取りのけ,顔をさらすに等しいものなのです。顔をさらした黒子の顔を見て,その役どころが理解できないという顔をしながら歌舞伎を見る,という姿が,当て字を見る外国人の顔つきではないかと考えるのです。

 本書で紹介しました,「常用漢字表」,「公用文における漢字使用等について」及び「法令における漢字使用等について」は,これらが一体となって,漢字の当て字使用はしてはならないことを教えているのです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
凧は風の力を借りたときではなく、風に立ち向かったときに、最も高く揚がる

Kites rise highest against the wind, not with it という言葉は、時期はいつかは知りませんが、ウインストン・...

[ 格言や歴史上の偉人の言葉に学ぶ ]

  わが国で指名委員会等設置会社が不人気である理由

1不人気である実体日本取締役協会(JACD)の調査によれば、2018年3月現在、指名委員会等設置会社は、東証1部上...

[ 会社関係法 ]

執行役員と執行役の違い

1 法律上の立場「執行役員」は、会社法には規定のない用語である。会社法でいう「役員」とは、取締役・会計参...

[ 会社関係法 ]

老朽化した建物賃貸借契約解約に、立退料は必要か?必要とした場合、どういう名目の費用が要るか?

東京地方裁判所平成25年12月11日判決(ウエストローン・ジャパン)は、(1)借家の、①老朽化の程度が激しく、...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

敵対的買収からの防衛失敗例

菊池:では、次に、敵対的買収に対する防衛策が認められなかった例を教えてくれるかい?後藤:「いなげや・忠実...

[ 菊池と後藤の法律実務レポート(企業編) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ