コラム

 公開日: 2011-02-05 

相続 121 遺留分減殺請求が許されない場合もある


例 名古屋地裁昭和51.11.30判決事案
遺留分権利者は、A及びBという養子夫婦です。
この養子夫婦は、養母Cと養子縁組を結ぶや否や、Cに対し、所有不動産の全部を夫婦に所有権移転の名義書替をするように迫り、Cがこれを断ると、高声をもって罵倒したり、殊に夫のAは乱心者のようにキセルの首で食卓を殴ったり、ステッキを振廻すなどの乱暴をしたあげく、Cに対し「親でもなければ、子でもない。」と暴言を吐き、Cを見捨て、同人1人を残して、勝手に他へ転居してしまいました。爾来25年の間、この夫婦と養母のCはCが死亡するまで1度として音信はありません。実質的にはAB夫婦と養母のCとの間の養子縁組は破綻していたといえる関係でした。

一方、遺留分減殺請求を受けたのは、同じCの養子のDです。
Dは、当初は、嫁入前の行儀見習としてCの許に奉公に上ったものです。Cよりその忠実・従順な性格を愛されて7年間、Cの世話をしてきました。そして結婚により退職をしたのですが、70才近いCが前述の養子夫婦AとBに見捨てられた後は、夫が応召して留守だった家にCを引きとっと世話をするようになったのです。空襲の下での生活が困難になったとき、Cを連れ実家に疎開し、疎開先ではCの神経痛、高血圧、喘息性心臓病の持病の治療費を夫の勤務先からの給料、Dの和裁の内職、Dの実家からの援助等によってまかなって、Cの世話をしてきたのです。やがて、夫が復員してきましたが、Dは、DがCの世話をすることを喜ばない夫と離婚までしてさらにCの世話をし続けました。そしてその後Cに乞われて養子縁組の届出をした者です。

このような関係で、養母Cが全財産をDに相続させる旨の遺言を書いてくれ、DがCの遺産のすべてを相続したのですが、これを知ったA及びBからDに対し遺留分減殺請求をしてきたのです。
この件で、裁判所は、AとBからの遺留分減殺請求は権利の濫用になり許されないと判示しました。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
宅建業者(売主)が不動産売買契約を結ぶ場合の特約の有効性

1 中古住宅販売の売買契約(1)瑕疵担保免責約款  ア 買主が宅建業者の場合 有効  イ 買主が個人...

[ 不動産 ]

宅建業者(売主)がする売買契約締結等の時期の制限

宅建業法36条1項は、「宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、当該工事に...

[ 不動産 ]

大切にしたいもの 徳義

正直であること、嘘をつかないこと、ごまかさないことは、人が人として生き抜くうえで、最も重要な徳目であると思...

[ 大切にしたいもの ]

大切にしたいもの 友

 刎頸(ふんけい)の友という言葉があります。その友のためなら、たとえ首を切られても、悔いないくらいの友、と...

[ 大切にしたいもの ]

不動産の売買に伴い、LPガス供給に関する契約を、買主に承継させるための契約条項

これは、LPガス供給に関する契約上の地位を、不動産の買主に譲渡する契約になります。不動産の売買契約を媒介...

[ 契約書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ