コラム

 公開日: 2016-09-24  最終更新日: 2016-09-26

金融機関は遺言書とどう向き合うべきか?① 遺言書の形式

 預金者が亡くなり,その預金を相続し,又は遺贈を受けたという者が,遺言書を持って,金融機関の窓口に現れた場合,金融機関は,何を考え,何を判断すべきでしょうか?

1 金融機関が考えるべきこと
 ⑴ 遅延損害金が発生しないようにすること
 ⑵ 二重払いの危険を冒さないこと

【解説】
 ⑴について,
 遺言書が家庭裁判所の検認を受けた自筆証書であったり,公正証書である場合(公正証書遺言には検認は不要)で,遺言書の内容が特定の相続人又は受遺者に預金が移転したことが明らかであるのに,金融機関がその預金の払戻しに応じない場合は,遅延損害金(年5分)が発生します。

 ⑵について,
 そうかといって,権利のない者に,預金の払戻しをすると,後日真正な相続人又は受遺者に対し,預金の払戻しをしなければならなくなる,二重弁済の危険を冒すことになります。
 ただ,金融機関が遺言書の形式及び内容に従って,正しく,預金の払戻しをした場合は,仮に,後日裁判で遺言書が無効とされその結果金融機関が預金の払戻しをしたことが有効な弁済ではないことが判明したとしても,民法478条の「債権の準占有者に対してした弁済は、その弁済をした者が善意であり、かつ、過失がなかったときに限り、その効力を有する」との規定により,金融機関は免責されますので,遺言書の形式と内容のみを見て,払戻しに応じておけば問題は生じません。
 ですから,金融機関が最初に注意することは,遺言書の形式と内容です。

2 遺言書の形式
 ただ,形式といっても,例えば,①自筆証書遺言書には,署名の後に押印はないが花押があるという場合(この場合,遺言書は無効),あるいは➁押印はに代えて拇印がある場合(この場合,遺言書は有効),さらには,遺言書に斜めに赤斜線が入れられている場合(この場合,遺言書は無効),その遺言書は形式が整っているかどうかなどという法律判断は,自筆証書遺言の検認をする家庭裁判所に任せ,金融機関としては,
 a 遺言書が自筆証書である場合は,家庭裁判所の検認を受けた自筆証書であるかどうかの判断
 b 遺言書が公正証書である場合は,それだけの判断,
で有効に成立した遺言書であると考えて大丈夫です。

 重要なことは,遺言書の内容の判断です(次回のコラムに続く。)。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
就業規則の変更が、労働組合が同意していている場合でも無効になるとき

最高裁第一小法廷平成12年9月7日判決は、特定の年齢層の従業員(60歳定年制の下で55歳を超えた銀行の行員...

[ 労働 ]

金融機関から見た不良債権の意味と分水嶺

1 不良債権 不良債権とは、金融庁の「金融債権マニュアル」における区分のうち、(ア)破綻先債権(法的・...

[ 民法雑学 ]

独禁法でいう課徴金算定の基礎となる売上額の意味

1 完成品の売上げの中に含まれる、取引相手方から購入した部品の購入原価も含まれる 公正取引委員会平成29...

[ 会社関係法 ]

独禁法上の課徴金の趣旨・額の算定・売上額について

最高裁判所第三小法廷平成17年9月13日審決取消請求事件判決は、1 独禁法で定める「独禁法の定める課徴金の...

[ 会社関係法 ]

株主は、真に契約の当事者として申込をした者

株主は、名義貸与者ではなく、名義借用者というのが判例昭和42年11月17日最高裁第二小法廷判決は、「他人の...

[ 会社関係法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ