コラム

 公開日: 2011-02-07 

相続 123 “争族”の原因


1 争族とは?
これは、親族間で争う、という意味を込めた、相続のマイナスイメージを文字にした造語です。
粒々辛苦の末の蓄財が、子の代に継がれるとき、愛と信頼に満ちた相続になるか、残された片親や兄弟姉妹間で骨肉相喰む争族になるかは、亡くなった人(被相続人)の生き様、考え、死後の財産の分け方による、と言っても過言でないでしょう。
あれほど立派な方の配偶者や子の間で、このような財産をめぐる争いをするなんて、信じられない、という“争族”は意外に多いのです。
その被相続人が遺した財産、相続財産を、被相続人が遺言で、どのように配分するかによって、というより配分を決めていることによって、争族はずいぶん減少するのです。

2 争族の結果
争族は、しなくともよい争いです。ひとたび争族になると、時間の空費、費用の負担、憎悪や嫌悪の感情の誘発などの、経済的、精神的損失や負担が生ずるだけでなく、その相続人の代だけにおいても兄弟姉妹の付き合いはなくなり、次の代になると意識すらしないような間柄になることが多いのです。

3 争族の原因
 一般的なものとしては、次の8とおりのトラブルが予想されます。
⑴ 遺産の分け方
⑵ 遺産の範囲
⑶ 遺産の評価額
⑷ 生前贈与(具体的相続分算出のための特別受益)の有無、内容
⑸ 寄与分の有無と内容
⑹ 遺留分算定の基礎となる生前贈与の有無と内容
⑺ 遺留分算定の基礎財産に含まれる愛人への生前贈与の有無と内容
⑻ 遺留分減殺請求後の共有物分割方法
  特殊の原因としては
⑼ お前は親父の子ではない、など相続人であることを争う場合
  があります。他にもいくらかはあるでしょう。
  
4 争族の予防
争族の原因のうち⑴ないし⑸は、共同相続人間でする遺産分割の協議や家庭裁判所がする遺産分割の審判の際に、問題になり、争点になるものです。
ですから、これらの争族を予防するには、相続開始後の遺産分割協議や遺産分割の審判を不要にする措置をとって置けば良いのです。
また争族の原因のうちの⑹ないし⑻は、遺言による相続財産の分け方や生前贈与の内容によって、一部の相続人の遺留分が侵害されるときに起こりますので、これも遺留分を侵害しない遺贈や贈与にしておけば、争族は予防されることになります。
例えば、すべての相続人の遺留分を侵害しない、そして、遺産分割協議の必要のない、遺産分割方法の指定や特定遺贈をしておけば、⑴ないし⑻の相続はまず起こらないはずです。その場合は、⑼の相続も起こりません。

5 遺言の重要性
 以上に述べた理由で、争族を避けるためには、遺言を書いておくことが重要です。
ここまで、遺言事項や遺言の内容などで遺留分を侵害した場合の法律問題を解説しましたが、本連載コラムで、引き続き遺言について書き進めます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺産分割判例法理 「遺産分割による代償譲渡」は有効

法務局で登記手続をする場合,先例がないときは,容易に認めてもらえません。下記の事案も,そうで,家庭裁判所で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑦ 財産全部についての遺産の分割の方法を定めた遺言は債務に及ぶ 

 民法899条は,「各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。」と規定していますが,ここ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑥ 遺産分割の方法を定めた遺言の効力は代襲相続人に及ばない

遺言書の効果は,遺言書に書かれた文言に限られます。長男に全財産を「相続させる」と遺言書を書いた場合で,そ...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理⑤ 相続放棄は詐害行為にならない

 しかしながら,相続放棄は,詐害行為になりません。下記の判例があるからです。 ですから,遺産分割協議で...

[ 相続判例法理 ]

遺産分割判例法理④ 遺産分割協議は詐害行為になりうる 

 債務が多くあり,遺産を相続しても債権者に差し押さえられると考え,遺産分割においては取得できる具体的相続分...

[ 相続判例法理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ