コラム

 公開日: 2016-09-13  最終更新日: 2016-09-14

相続の開始後に認知された者の価額の支払請求権に関する判例紹介)

最高裁判所第二小法廷平成28年2月26日判決は,
下記1の事実関係の下で,下記2の争点については,下記3の法律判断をしました。

1 事実関係
⑴ 被相続人Aは,平成18年10月7日に死亡した。
⑵ Aの相続人らは,平成19年6月25日,Aの遺産について,遺産の分割の協議を成立させた(その時点の遺産の評価額は総額17億8670万3828円)。
⑶ Bは平成21年10月,Aの子であることの認知を求める訴えを提起し,その後それを認める判決が言い渡され,同判決は平成22年11月に確定した。
⑷ Bは,平成23年5月6日,⑵で遺産分割をした相続人らに対し,民法910条に基づく価額の支払を請求し(その時点で遺産は総額7億9239万5924円),
⑸ 平成26年2月3日に,民法910条に基づく価額の支払を請求訴訟を提起した(第1審の口頭弁論終結日の時点において,遺産総額は10億0696万8471円)。

【参照】
民法第910条
 相続の開始後認知によって相続人となった者が遺産の分割を請求しようとする場合において、他の共同相続人が既にその分割その他の処分をしたときは、価額のみによる支払の請求権を有する。


2 争点
(1)Bが民法910条に基づく価額の支払を請求をした場合の,遺産の価額算定の基準時はいつか?また,(2)遅延損害金が発生するのはいつからか?

3 判例
(1)遺産の価額算定の基準時について
 相続の開始後認知によって相続人となった者が他の共同相続人に対して民法910条に基づき価額の支払を請求する場合における遺産の価額算定の基準時は,価額の支払を請求した時であると解するのが相当である。
 なぜならば,民法910条の規定は,相続の開始後に認知された者が遺産の分割を請求しようとする場合において,他の共同相続人が既にその分割その他の処分をしていたときには,当該分割等の効力を維持しつつ認知された者に価額の支払請求を認めることによって,他の共同相続人と認知された者との利害の調整を図るものであるところ,認知された者が価額の支払を請求した時点までの遺産の価額の変動を他の共同相続人が支払うべき金額に反映させるとともに,その時点で直ちに当該金額を算定し得るものとすることが,当事者間の衡平の観点から相当であるといえるからである。
 そうすると,本件の価額の支払請求に係る遺産の価額算定の基準時は,上告人が被上告人らに対して価額の支払を請求した日である平成23年5月6日ということになる。

(2)遅延損害金発生時について
 また,民法910条に基づく他の共同相続人の価額の支払債務は,期限の定めのない債務であって,履行の請求を受けた時に遅滞に陥ると解するのが相当である。
 そうすると、本件の価額の支払請求に係る遅延損害金の起算日は,上告人が被上告人らに対して価額の支払を請求した日の翌日である平成23年5月7日ということになる。

と判示しました。

4 それぞれの法律効果と遺産評価時点
⑴ 遺産分割をする場合の,遺産の評価時点は,相続開始時です。
⑵ 持戻しをする場合の対象になる生前贈与財産の評価も,相続開始時でなされます。
⑶ ところが,相続開始後に認知された子(相続人)が,その時点で他の相続人間で遺産分割がなされていた場合は,その後民法910条に基づき価額の請求をするときの遺産の評価は請求した時が遺産評価の基準日になります(前記判例による)。

5 前記判例事案では,
もし,認知を受けた子が認知を受けた時点で,まだ遺産分割がなされていなかった場合は,その子の具体的相続分は,遺産の評価額が17億8670万3828円であることを前提に計算されますが,この件は,認知を受けた時点で他の相続人間で遺産分割がなされていたため,価額の請求をした時点の評価7億9239万5924円で算出された具体的相続分が請求できる価額になります。
一見しますと,ずいぶん損をしたように見えますが,そうではありません。
仮に,認知を受けた時点で,他の相続人間で遺産分割ができていなかった場合,認知を受けた子は,遺産分割に与れますが,それによって得られる遺産は相続開始時の評価額を基準にした具体的相続分に見合う遺産です。しかし,その遺産は,その後評価額が下がっているのですから,結果において変わらないことになるのです。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ