コラム

 公開日: 2016-08-01  最終更新日: 2016-08-04

微妙精確を貴ばなければならない職業

誰の言葉か、忘れましたが、「微妙精確を貴ばなければならない職業」という言葉を使った作家がいます。この言葉は、現在の法律家を指している言葉ではありませんが、これは現在の法律家に当てはまる言葉ではあります。

1 微妙な事実を「精確に」
「事実」には無限の広がりがありますが、法を適用する「事実」は、無限の事実の広がりの中のごく僅かな事実です。つまり、その「事実」とは、法律の定める「構成要件」(刑事事件の場合)又は「要件事実」(民事事件)といわれる法律に書かれた要件に、適合するように整理された事実を意味します。
その事実は、証拠によって裁判官が認定するものですが、証拠の取捨選択やその評価しだいでは、犯罪構成要件に該当する事実のない者(すなわち無罪とされる者)が、犯罪構成要件事実に該当する行為をした者(すなわち犯罪者)になり、権利ある者が権利のない者になり、義務なき者が義務ある者にされてしまうことになります。
ですから、事実は正確であるというだけにとどまらず、「精確」でなければならないのです。「微妙精確」とは、微妙な事実だが、精確に認定すべしということなのです。

2 弁護士がこの言葉から学ぶべきことは、ただ一つ、「舞文曲筆をするなかれ」
弁護士の仕事をしていて、常に神経を使わされ、片時も油断できない不愉快な弁護士類型がありますが、その一つが、舞文曲筆を事とする弁護士です。
黒を白と言い、あった事実をなかったと言い、なかった事実をあったと言う弁護士です。

このような弁護士は、法廷でも、証人に対し平気で誤導尋問をしますので、こちらの側から異義を連発することもあります。
相手方弁護士の言に信を置くことができないため、和解率も非常に低いものになります。


3 その正反対の弁護士像 
舞文曲筆を事とする油断のできない弁護士とは正反対なのが、正直であり事実を曲げない弁護士です。このような弁護士は、訴訟の場で対立しても、安心感をもって臨めます。そのような弁護士とは和解率も高く、事件の解決が速いという特徴を持ちます。
相手方弁護士の言に信を置くことができるからです。

4 大切なことは「信」と「義」
相手方弁護士に「信」を置いて訴訟をするということは、実に楽しく充実したものですが、その「信」の基は、相手方弁護士が「義」を守っていることです。「義」と「信」は一つのコインの表裏の関係ですので、弁護士に大切な資質は、結局のところ「義」に尽きるものと思われます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新の相続法理と法実務 第2章 遺言   を上梓しました

弁護士菊池捷男のホームページ上に、最新の相続法理と法実務に次の第2章を追加しました。第2章 遺言  第1...

立法論としての相続法③ 配偶者の居住権の保護

 法制審議会(相続関係部会)での審議の一つに、配偶者の居住権の保護を目的とした方策(改正相続法案)をどう定...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法② 配偶者の法定相続分に問題はないか?

 配偶者の法定相続分は、1/2です。この1/2という数字、多いか少ないかといえば、婚姻期間が長く、また、被相続...

[ 相続判例法理 ]

立法論としての相続法① 配偶者の生活保障は十分か?  

1 配偶者の法定相続分  配偶者の法定相続分が、1/3から1/2に引き上げられたのは、昭和55年の民法(相続法)改...

[ 相続判例法理 ]

相続税における「私道供用宅地の時価」の意味

相続税法22条及び評価通達は、相続税の対象になる財産の価額は相続時の時価によるものとすると定め、「時価」とは...

[ 民法と税法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ