コラム

 公開日: 2016-06-10 

経営者は,優れた幹部の能力に頼るべし

 「将能にして、君御せざる者は勝つ」という言葉は,孫子の言葉です。有能な将がいて,その将のすることを制約しなければ,君主は勝つ,という意味の言葉です。
 実例を歴史上に探しますと,楚漢の戦いにおける漢の劉邦にみられます。西楚の覇王と号した項羽は,楚の名門の血を受けた武将で,万夫不当の勇士です。 それに対し,劉邦は,農民出身で,とくに取り柄というものもない人物でしたが,おおらかな性格で,自然に有能な人材が集まるという徳をもった人物でした。

 戦いにおいては,連戦連勝を続ける項羽と,戦えば負けてばかりいた劉邦というように,両者は明暗を分けるのですが,最後には,劉邦が勝ち,天下を取り,漢の高祖になります。
 何故か?衆目の一致するところ,項羽は将に恵まれず,劉邦は将に恵まれたことに尽きるようです。
 劉邦には,軍事の天才韓信がいて,政治顧問でもあり大戦略家の張良がいて,実務家としてすぐれた蕭何がいて,その他人材はきら星の如くいたのですが,一方,項羽には,軍師として范増がいたのみです。しかもその范増も劉邦側の策で,項羽と離間させられ,項羽には頼みとする人材は誰もいなくなるという状態になりました。
 やがて,項羽は,垓下の地で,四面楚歌の中,悲しくも,「力は山を抜き気は世を蓋う。時に利あらず騅ゆかず。騅のゆかざるをいかにすべき。虞や虞や汝をいかにせん。」と垓下の歌(というより嘆き)を歌い,虞がそれに答えるようにして自刃(その後に咲いたのが虞美人草)した後,愛馬騅に乗って戦場を馳駆し,最後は,烏江で敗死するのです。

 項羽は、皮肉なことに,元項羽軍の中にいた韓信の兵略によって滅亡したのですが,その韓信が項羽の家来であった時期,その軍事の才能を高く評価した范増から、韓信を項羽軍の枢機で使うか、さもなくば敵に取られる前に殺すよう、勧められるのですが,それを無視し,その後,韓信は、范増から殺される危険を感じ、劉邦側に逃げ込み、劉邦軍の大元帥となり、項羽を滅ぼすのですから、項羽の不明は顕著です。
 また、項羽は、いわゆる鴻門の会で、劉邦が命乞いに来たとき、范増から、劉邦を殺すように執拗に勧められるのですが、これも無視しています。
 一方、劉邦はどうであったかといいますと,軍事・軍略は韓信に任せ、政略は張良に任せ、実務は蕭何に任せ、自らは、特別のこともせず、しかし、天下を取ったのです。
 劉邦は,天下の主(漢の高祖)になった後,楚漢の戦いで項羽麾下(きか)にあって劉邦を苦しめた猛将季布が許せず,金貨千枚の懸賞金を付けて探索にあたらせ,もし季布をかくまう者があったら,一族皆殺しにするという布告を出すのですが,これを知った劉邦の家来の夏侯嬰より,私情をもって職務に忠実であった敵の将を殺そうとするのは王者のすることに非ず。敵の将が有能ならばむしろ幕下に囲うべし。と言って諫められるや,この布告を撤回し,季布を赦免すると同時に侍従に任命するのですから,部下の言に従うその素直さには驚嘆すべきものをもっていました。

 とまれ!経営者は,優れた幹部の能力に頼るべし,と言うべきでしょう。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
民法改正が賃貸借契約に与える影響 4 原状回復の内容は具体的に書く

1 原状回復費用には自然損耗分は入らない 改正民法621条は、「賃借人は賃借物を受け取った後にこれに生じた損...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 3 賃料が当然に減額となる場合(改正)

1 民法611条の改正内容改正された民法第611条は、1項で、「賃借物の一部が滅失その他の事由により使用及び...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 2 賃借人の修繕権(新設)

1 修繕権の創設改正民法607条の2は、「賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、その修繕...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

民法改正が賃貸借契約に与える影響 1 賃貸借期間が伸長された

ガソリンスタンドの設置目的などに朗報1 現行法は20年、改正法は50年借地借家法の適用のない賃貸借契...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

他人の研究論文の模倣ないし盗用と私立大学の使用者責任

 知的財産高等裁判所平成27年10月6日判決は、・大学又は大学院の教員が行うすべての学術論文の執筆,発表...

[ 民法雑学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ