コラム

 公開日: 2016-06-03  最終更新日: 2016-06-16

事業の承継9 経営の才は、経綸の才に通ず

 保科正之の話を続けます。正之は、会津藩主でしたが、江戸城に詰めきりで、幕府の民政に数々の優れた業績を残します。明暦の大火(めいれきのたいか)の際、当時は火消制度も整備されておらず、そのままでは米蔵の米の焼失は避けがたいとみて、米蔵の米を持ち出した者にはその米を与えるとの令を出します。その米は持ち出した者に与えられ、回り回って江戸市民の口に入ります。大火の直後に、参勤交代で出府していた大名や家来の帰国を命じ、かつ、出府前の大名家に対しては参勤交代の一時停止令を発布して、江戸市中における消費するだけの人口の抑制を図ります。その時期が丸橋忠弥の乱の直後だっただけに反対する閣僚もいましたが、意に介しません。その臨機応変の才は、事業経営者の才に似ています。
 その後、由井正雪の乱が勃発するや、速くもその3か月後に、その原因が二大将軍秀忠及び三代将軍家光の時代になされた、苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)の、改易という武断政治にあることを思い、大名の改易処分を減らすため、大名が50歳以下で亡くなったときは、遺言があったものとして、末期養子を認めることにしました。その後、正之は、出羽米沢の上杉藩で子のいない藩主が27歳で亡くなった時、将軍家綱に裁定を委ねられ、吉良義央(よしなか=上野介・その後忠臣蔵で有名になる)の長男を末期養子として認めます。米沢上杉藩は、その恩を深く思い、その200年後の戊辰戦争の際、賊徒首魁の汚名を着せられた会津藩が官軍から討伐されそうになった時、仙台藩と共に、奥羽越列藩同盟の締結を提唱して、会津藩の救済に動きます。

 この米沢上杉藩のした恩返しは、人間がもつ熱い心情によるものですが、これは、日本人に限られるものではなく、1890年に和歌山県串本町沖であったエルトゥールル号遭難事件で、多くの自国民が救済されたことに恩義を感じたトルコの大統領、国民が一致した思いから、その104年後、イラン・イラク戦争のあおりを受けてテヘランから脱出できず、空爆の脅威にさらされることになった日本人を救出されたトルコ共和国の例にもみられます。

 正之のした事績は、その他にも殉死の禁止があります。殉死は蛮風の最たるもので、人命を軽視するだけでなく、あたら次の大名家を支える人材を失うことになり、その国(藩)の損失になります。さらに、戦国時代の遺風である、大名の家族の人質の禁止などもしています。
 正之のことを、現在、「名君」と評する人がいますが、まさに名君であり、経営の人であり、経綸の人というべき人でしょう。

 このように優れた事績を数多く残した正之ですが、初めからこのような才能を持っていたわけではないでしょう。
もとより、天稟があったからこそ、経営をする中で、天稟が磨かれ、成長し、経営の才、経綸の才が育ったものと思われます。
 これを現代の事業経営者になぞらえば、事業の経営者は、広い視野に立ち、高い視点に立った、経綸の才までが求められると同時に、真に経営者たるものは、経綸の才にも恵まれるものと思われます。
 経営の才は、経綸の才に通ず、というべきでしょう。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ