コラム

 公開日: 2016-06-02  最終更新日: 2016-06-04

事業の承継8 後継者教育と教育者

 徳川三代将軍家光は,庶腹の弟である保科正之に,四代将軍になる家綱の補弼(ほひつ=補佐)のみならず,教育一切を託します。いわゆる託孤の遺命(たくこのいめい)です。
 そこで,保科正之は,朱子学の権威に「輔養編」なる書物を編ませ、家綱だけでなく,家綱に近侍する者達をも,朱子学をもって,教育していくのです。
 時あたかも武断政治から文治政治への移行期で,政治に難しい舵取りが必要なところ,家綱も民に優しい善政を敷いていきます。
 家綱は,幼少の頃,遠島となった罪人は食料を自分で得なければならないことを知り,命を助けて遠島にした者には,命を支える食料も与えるべきだとの意見を述べ,家光はその意見を喜び,以後,幕府は,制度として,遠島の処分を受けた罪人に食料を提供するようになったことや,四代将軍になってまもなくした頃(まだ11歳程度),江戸城天守閣へ登った際に,近習から勧められた遠眼鏡を受け取るのを拒否し,自分は若年とはいえ将軍である,将軍が遠めがねで城下の様子を見れば,見られる民は嫌な思いをするだろうから見ない,と言ったことなどが記録に残されている由です。

 四代将軍家綱の善政は,五代将軍綱吉の悪政とは,天地の開きがあります。
五代将軍綱吉の場合は,吉川英治が小説「大岡越前」の中で,憤りをもって書いているように,その生母桂昌院ともども湯水のごとき金銀を浪費し,幕閣の汚職も意に介せず,自分達は歴史に例がないほどの贅沢をし,そのため幕府財政の破綻を招き,金には銀を混ぜ銀には錫を混ぜるなどして悪貨を鋳造し,そのため物価の騰貴を招いて民に塗炭の苦しみを負わせたほか,一日何百人という人間の打首、遠島、入牢、重追放が科せられない日はなかったという,生類御憐憫の令(しょうるいおんあわれみのれい)による暴戻なる政治を行っています。

 四代将軍徳川家綱と,五代将軍徳川綱吉の治世の違いは,保科正之という優れた政治家であり教育者がいて,朱子学を基調とする徳育を受けた者と,庶民の出で迷信深いだけの母親や,立身出世のために阿諛追従し,汚職をはびこらせた者らに取り巻かれただけの者,の違いかもしれません。

 一国を治めるのも,会社を経営するのも,根は同じであることを考えますと,後継者教育は重要であることが理解できると思われます。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ