コラム

 公開日: 2011-01-16  最終更新日: 2011-01-23

相続 101 遺留分算定の基礎財産の中味①「被相続人が相続開始の時において有した財産」


1 遺留分
本連載コラム「相続100」で、遺留分とは、被相続人の財産の1/3(直系尊属のみが相続人である場合)又は1/2(それ以外の場合)に相当する額、だと説明しました。

参照:民法1028条
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
①直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の1/3
②前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の1/2

2 「被相続人の財産」の中味ー遺留分算定の基礎となる財産
では、被相続人の財産とはなんでしょうか?
その答は、民法1029条1項に記載されています。
すなわち、
民法1029条1項は、「遺留分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定する。」と規定しているのです。これにより、遺留分算定の基礎となる被相続人の財産というのは、被相続人の相続開始時の財産の価額(a)+贈与財産の価額(b)-債務の全額(c)という計算式で得られる価額になります。

3 その中身の(a)「被相続人が相続開始の時において有した財産の価額」
この「被相続人が相続開始の時において有した財産の価額」という言葉は、特別受益者の具体的相続分を算出する方法に関する民法903条にもある言葉ですが、意味は同じです。

参照:
民法903条1項
共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。
民法1029条1項
遺留分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定する。

ア 遺贈財産
したがって、被相続人が相続開始の時において有した財産には、被相続人が遺言で遺贈すると定めた財産や、遺言で遺産分割の方法として指定した財産も含まれます(通説・判例。なお、最高裁平成3.4.19判決・最高裁平成8.1.26判決を参照)。

イ 系譜、祭具及び墳墓等の祭祀用財産は、祭祀を主宰すべき者が承継します(民法897条)ので、ここには含まれません。

ウ 死亡生命保険金は、保険金受取人固有の財産です(最高裁平成14.11.5判決)から、相続財産にはならず、ここには含まれません。

エ 死亡退職金、遺族年金
これらも、相続財産ではありません。

オ 夫婦が離婚したときに、一方当事者(多くの場合は妻)が相手方当事者(多くの場合は夫)に対して、財産分与請求権を行使できますが、被相続人が、生前、その権利を行使する意思を明らかにしていたときは、その権利が具体的に発生したものとして相続財産になりますので、ここに含まれますが、被相続人がその権利を行使する意思を表示しないまま死亡した場合は、その権利は具体的に発生しておらず、相続財産にはならないとされています(最高裁昭和42.11.1判決)。
この理は、離婚した夫婦間の財産分与請求権は、その権利を行使するかしないかは、本人である被相続人が決めることであり(これを「行使上の一身専属権」といいます)、相続人といえどもその権利の行使をしてよいものではないので、被相続人が生前その権利を行使する意思を明らかにしているときに限って、相続人がその権利を承継するというものです(民法896条但し書き参照)。
民法896条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。



 

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
情報公開条例の誤解⑤ コピー代は全額請求するべし

Q 当市の公開条例には,公文書の開示の方法として写し(コピー)を交付する方法を採っており,コピー代として1...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解④ 権利がないことと,権利の乱用は違うこと

Q 住民からの公文書の開示請求に応じた後の,公文書の内容に対する質問に対しては,回答する義務のないことは分...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解③ 助言義務は説明義務に非ず

Q 当市の公開条例には,第3条 何人も,この条例の定めるところにより,実施機関に対し,当該実施機関の保有す...

[ 地方行政 ]

情報公開条例の誤解➁ 知る権利は,法と条例の制限内の権利なり

Q 情報の開示を請求した住民に,公文書のコピーを交付した後,当該住民から,住民には“知る権利”があるのだから...

[ 契約書 ]

情報公開条例の誤解① 説明義務はない

Q 私はA市の情報公開担当課の者ですが,次のような請求に困っています。アドバイスを御願いいたします。1...

[ 地方行政 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ