コラム

 公開日: 2016-05-24  最終更新日: 2016-05-27

事業の承継2 最悪の後継者 ー リア王の轍を踏むなかれ

 シェークスピアの四大悲劇の一つ「リア王」は、ブリテン王国を三つに分割して、三人の娘に後を継がせようとし、三人それぞれの考えを尋ねます。
 長女のグルネリと次女のリーガンは、口に蜜、肚に剣をもって、リア王を絶賛し、この上もない良い後継者を演じます。
 三女のコーディリアは、真心はあるものの、心にもない美辞麗句を並べることはしません。
 そのため、リア王は、ブリテン国を二分割して長女と次女に与えます。
コーディリアは勘当されますが,フランス王が,コーディリアこそ王妃にふさわしい人と考え,フランス王の妃に迎え入れます。
 さて、リア王のその後は,といいますと,周知の如く,長女と次女に冷遇され,王の尊厳はいうもおろか,人としての尊厳すら踏みにじられ、嵐の荒野に追放されるのです。
やがて,コーディリアがフランス軍を連れて救出にきてくれるのですが,英仏軍の戦いの果て,虜囚の身に陥り,殺され,リア王は、コーディリアの遺体を抱き、絶叫して世を去るという図になるのです。

 我が事務所にも,リア王の気持ちをもって,相談に来られる,経営者が,毎年,確実に複数,おられます。
 親は,苦心惨憺の前半生を有しているだけに,人情の機微を知り尽くし,顧客大事,従業員大事を第一義として,経営に心血を注いできており,経営の安定期に入っても,なお,同じ緊張感の中で,経営に腐心しますが,親の苦闘する姿を知らない息子は,親の心子知らずの喩えどおり,食べられなくなるという恐怖や緊張感はありません。
 人生における,この経験の差。
 この差は,経営における大きな差になり,親子の断裂につながることがあるのです。
 
 経営者は,自らの苦闘の経験から学び得た哲学を,分かりやすい言葉で,後継者たる子に,伝え続ける必要があるのでしょうが,しかし,観念の中に入る言葉には,力がありません。諺にも,可愛い子には旅をさせよ,とか,苦労は買ってでもせよとか,いわれているのですから,子を優れた後継者にするには,優れた経営者になりうる経験もさせねばならないのでしょう。
 しかしながら,これも,言うは易く行うは難しという譬えのとおり,これ以上は,私にも,ここで書く智恵はありません。

 ただ間違いなくいえることは,現在という時代にあっては,親が子を代表取締役にしたことで,その親が,その子から,株主総会決議不存在を理由に,退職慰労金を返還せよ,という訴訟が起こされる現実があるということです。

 この現実を,世知辛い世と思えば,会社経営者は,死ぬ直前まで,会社の支配権(普通株式なら過半数の株式を保有するか,あるいは株主の属人的扱いとして,あるいは種類株式を利用して,会社の取締役を選任する権限)は握っておく備えをしておくべきでしょう。

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
これからの契約実務⑤ 動機を書いて置けば、動機の錯誤で契約の取消し可能

 契約書に「契約の内容」としての「目的」を書いておけば、その目的が達成できないことが分かった時は、契約を「...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務④ 金銭消費貸借契約では,諾成的契約が可能になる

現行法の下では、金銭消費貸借契約は、要物契約、つまりは、現金を交付することで成立する契約になっていますが、...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務③ 自殺の履歴が契約解除の理由になる

現行法にあっては、契約を解除するには、債務者の帰責性(故意又は過失)が必要です(民法543条ただし書)。しか...

[ 債権法改正と契約実務 ]

これからの契約実務② 「契約の内容」の書き方

目的や動機、契約に至る経緯を書くことの重要性これは、以前(2014-01-06)、コラムに書いたことですが、 最高...

[ 債権法改正と契約実務 ]

宅建業者の重要事項説明義務違反の一事例 税制度の説明の過誤

 東京地裁昭和49年12月6日判決は、不動産の所有者である甲(大学教授)に対し、同人が所有する土地(固定資産)...

[ 不動産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ