コラム

 公開日: 2016-04-19 

遺産分割における付随問題⑥ 遺言書の効力問題

1 被相続人が残した遺言書は,遺言書を書く能力のない時に書いたもので無効という問題

 遺言書が,全遺産について,分割の必要がないほどの書き方がされている場合は,通常,遺産分割の必要は生じませんが,遺言書が,遺産の全部又は一部について,未分割の状態にしている内容である場合は,未分割の遺産を対象に,遺産分割の必要が生じます。
そのような遺言書であるため,未分割の遺産について遺産分割協議や調停を始めたところ,一部の相続人から,当該遺言書は,それを作成した被相続人の能力が,遺言書を書けるほどの能力(遺言能力)でなかったとして,遺言無効の主張がなされることがあります。
しかしながら,この主張は,本来訴訟(遺言無効確認訴訟)で解決すべきもので,遺産分割の場で,取り上げる問題ではありません。裁判所も,その問題は,取り上げません。
遺産分割の審判では,遺言が有効とか,無効とかいう判断を,裁判所には許されていないからです。
 このような遺言能力のない者の遺言書であるとの疑いを持つ相続人は,自ら原告となって,訴訟を起こし,争うほかに方法はないのです。

2 遺言の解釈の問題
遺言書に書かれた趣旨が不明であるという主張がなされ,紛争になる場合もありますが,このような争いも,本来訴訟で解決すべきことですから,遺産分割の対象にはなりません。

3 遺言書に書かれた内容と異なる遺産分割を求める問題
 例えば,ある特定の財産である「A宅地を,妻と長男に各1/2の割合で相続させる。」と書いただけで,その他の遺産については取得者を指定していない遺言書の場合は,A宅地以外の遺産については,遺産分割の必要が生じますが,その遺産分割の席で,妻又は長男から,A宅地も遺産分割の対象にしてほしいと要求される場合があります。
 しかしながら,特定の財産を,特定の相続人に「相続させる」と書いた遺言書は,特段の事情がない限り,遺産の分割の方法を定めた遺言書とされ,裁判所は,それに反する遺産分割の審判をことはできません(最判平3.4.19)ので,そのような遺産分割はできません。
その財産(A宅地)の分割は,その財産(A宅地)に絞って,共有物分割の手続ですることになります。
なお,このような「相続させる」遺言書で,妻と長男が共有取得をした財産を分割すると,これは共有物分割ですから,遺産分割の場合なら,相続税しか生じないところ,相続税に加えて,売買や交換や贈与に伴う,譲渡所得税や贈与税に対象になる場合も出てきます。

4 遺産分割を有利にするための戦術として,遺言書の効果を問題にする相続人について,
遺言書の有効性を争わないから,遺産分割による財産の取得面で有利にしてほしいという相続人が出るケースもあり,その相続人の希望が入れられた遺産分割が成立すると,遺言書の有効・無効問題まで解決できますので,結構な話ではあるのですが,しかしながら,これはもはや遺産分割ではなく,一種の和解です。この和解のために使われる時間は,和解が成立しない場合,全くもって無駄な時間になり,その間の労力は徒労でしかありません。調停では,裁判所に喜ばれない話合いになります。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

弁護士法人菊池綜合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 菊池捷男

岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL:086-231-3535

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
菊池綜合法律事務所|菊池捷男弁護士は数多くの民事裁判を手がけてきたエキスパート

法律事務所は決して敷居の高い場所ではありません。(1/3)

 事務所設立以来40年、「うそをつかない、ごまかさない」を信念に、離婚や相続など数多くの民事裁判を手がけてきた菊池捷男さん。現在事務所には菊池さんを筆頭に6人の弁護士が在籍し、民事から企業法務まであらゆる法律問題をサポートしています。 ...

菊池捷男プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

あらゆる法律問題に対処可能

事務所名 : 弁護士法人菊池綜合法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区南方1-8-14 [地図]
TEL : 086-231-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
離婚は冷静に

喚きあい、罵りあってする離婚話は、無用な争いを起こし、エネルギーと時間を浪費するだけで、良いことは何もあり...

[ 離婚 ]

ウインストン・チャーチルに学ぶ、危機持のトップの天稟

1 ウインストン・チャーチルについて(1)誕生、幼年期ウインストン・チャーチルは、1974年、父ランド...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

指名委員会等設置会社って、何だ?

1 名称の変遷指名委員会等設置会社は、平成14年、大会社に適用される商法特例法(正しくは「株式会社の監査等...

[ 会社関係法 ]

室内をゴミだらけにした場合、建物賃貸借契約の解除理由になるか?

東京地判平成10年6月26日は、「信頼関係を基礎とする継続的な賃貸借契約の性質上,貸室内におけるゴミ放置状態が多...

[ 不動産法(賃貸借編) ]

「孫子」と「漢書」に学ぶ、トップと幹部の関係 5

2 武田勝頼(一)長篠の戦い武田信玄亡き後、信玄の衣鉢(いはつ)は武田勝頼が継ぎます。武田軍団は、なお...

[ 歴史と偉人と言葉に学ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ